MENU

【LGBT同性愛者アスリート9選】

【驚愕】LGBT同性愛者を公言しているアスリート9選【※カミングアウト】
出典:【驚愕】LGBT同性愛者を公言しているアスリート9選【※カミングアウト】/芸能界の暴露団(https://www.youtube.com/watch?v=aElkWywYEyo)

当サイトの記事は広告リンクを含みます

性的指向を公表することは勇気のいる決断です。この記事では、自分らしく生きることを選んだ9人のアスリートたちの物語をお届けします。彼らの挑戦と活躍は、多様性を受け入れる社会の実現に向けた一歩となるでしょう。
要約
  • 高橋なは性的マイノリティであることを公表し、自身のアイデンティティについてまだ探求中であると述べている。
  • 滝沢七井はレズビアンであることを公表し、同性カップルの権利向上に貢献している。
  • 下山田穂は自身の性的思考を理解する過程で社会の偏見に挑戦し、女性の健康やLGBTQの認識向上に寄与している。
  • 横山組はトランスジェンダーであり、性別の枠を超えた自由な生き方を求めている。
  • 杉山文野はTRPの共同代表理事として、LGBTQコミュニティの可視化と権利拡大に尽力している。

詳しくは動画でご覧ください

目次

高橋なの性的アイデンティティの探求

高橋なは、性的マイノリティであることを公表した元フィギュアスケート選です。自身のアイデンティティについて未確定であると述べており、将来的にどのようなアイデンティティを持つかは未定ですが、自分らしく生きられる社会を望んでいます。高橋なは、自分を隠さずにありのままでいられる環境の実現を希望しています。

滝沢七の同性愛カミングアウト

元バレーボール選の滝沢七は、2017年にレズビアンであることを公表しました。当時のバレーボール界では性的思考を公にすることが難しかったため、ほんの数人の親しい人にしか自分のことを明かしていませんでした。引退後、自身の性的思考を隠さずに生きることの重要性を理解し、公にカミングアウトしました。滝沢七は、同性カップルの権利向上に貢献したいと考えています。

下山田穂のサッカー選としての挑戦と社会企業家としての活動

下山田穂は、元日本人プロサッカー選で、ブンデスリーガのSVメテでプレイしていました。彼女は、自身のアイデンティティを確立する過程で、異性愛前提の社会に対する憤りを感じていました。この経験は、彼女が社会の変革を目指す原動力となりました。下山田穂は、サッカーを通じて得た影響力を活用し、LGBTQの認識と理解を広げるための情報発信を行っています。また、社会企業家としての活動では、特に女性の健康とウェルネスに重点を置いています。

横山組のトランスジェンダーアイデンティティ

横山組は、元ナデシコジャパン代表の女子サッカー選です。中学時代から、自身のジェンダーアイデンティティに対する探求を始めており、トランスジェンダーであることを自覚していました。しかし、日本においては自身のアイデンティティを全面的に受け入れることが難しく、多くの時間を自分を隠すことに費やさざるを得ない状況にありました。横山組は、性別の枠を超えた自由な生き方を求め、日本でもLGBTQの人々が受け入れられる社会を望んでいます。

杉山文野のトランスジェンダーアクティビズム

杉山文野は、日本のトランスジェンダーアクティビストです。東京レインボープライドの共同代表理事として、LGBTQコミュニティの可視化と需要拡大に重要な役割を果たしています。杉山文野は、トランスジェンダーの人々が平等に生活できる社会を目指して、法整備の推進に尽力しています。また、スポーツ界においても、トランスジェンダーの人々が公正に競技に参加できるよう取り組んでいます。

ベニーのプロレスラーとしての活躍と社会的影響

ベニーは、日本初のトランスジェンダープロレスラーです。2015年のデビュー以来、国内外で活躍し、多くのタイトルを獲得するなど、その実力を証明しています。ベニーの成功は、プロレス業界だけでなく、より広範な社会的認識にも影響を及ぼしています。彼女は、LGBTQコミュニティ内外での表現と需要の促進に貢献し、特に日本のように性的マイノリティに対する理解が進んでいない文化において、その変化を促す象徴的な存在となっています。

石野ゆかりのトランスジェンダーアイデンティティの確立

石野ゆかりは、元女子プロレスラーで現在はYouTuberです。彼女はかつて女子プロレスラーとして活躍していましたが、トランスジェンダーであることを自覚し、カミングアウトしました。石野ゆかりの人生とキャリアは、LGBTQコミュニティだけでなく、広い範囲の人々に向けて、理解と需要の拡大を促進するための力強い段となっています。彼女は、性別に関わらず誰もが自分らしく生きる権利を持っていることを訴えています。

水ゆり子のトランスジェンダーアイデンティティの公表

水ゆり子は、元女子サッカー日本代表選です。幼少期からサッカーに情熱を注ぐ一方で、内面的に自身が男性であるとの認識に苦しんでいました。2006年に自らの正性同一性障害(トランスジェンダー)を公表し、自らの多様性に対する理解を深めることとなりました。水ゆり子のカミングアウトは、スポーツ界におけるLGBTQの人々に対する理解と需要を進める重要な一歩となりました。

新道5のトランスジェンダーアスリートとしての活動

新道5は、元女子ボクシング世界王者で、2017年に性別適合術を受けて戸籍上も男性となった注目の人物です。彼は、スポーツ界での経験を生かし、LGBTQコミュニティのサポートと理解を深めるための活動を行っています。新道5は、自身のアイデンティティに誠実に生きることの重要性を示しており、スポーツ界だけでなく社会全体においてLGBTQの需要と理解を促進する役割を果たしています。

よくある質問Q&A:公言LGBT選9

Q1. 高橋なさんはどのようにカミングアウトしたのですか?

高橋なさんは2014年のオリンピック日本代表やフィギュアスケートのペアで活躍した選ですが、自身が性的マイノリティであることを公にしました。この告白は、プライドハウス東京が主催したトークイベントで行われたものです。高橋さんは自分はLGBTに分類されないQだと思うと述べ、LGBTのカテゴリーに含まれない性的思考やジェンダーアイデンティティを持つ人々を指すクエスチョニングを意味する発言をしました。高橋さんはカミングアウトした意識はあまり持っておらず、自己表現の一環としての発言であると語っています。

Q2. 滝沢七井さんはどのようにカミングアウトしたのですか?

元バレーボール選の滝沢七井さんは2017年にテレビ番組でレズビアンであることを公表しました。彼女が自分の性的思考に気づいたのは22歳の時で、社会人になって初めての恋愛が女性との関係だったことから自分が同性愛者であることを確信しました。しかし当時のバレーボール界では性的思考をオープンにすることは難しく、ほんの数人の親しいチームメイトだけに自分のことを明かしていました。カミングアウトの決断は引退後に人生を見つめなおす過程で起こりました。現在は自身が性的マイノリティであることを公にし、パートナーと共に積極的に生活をSNSで共有しています。

Q3. 下山田穂さんはどのようにカミングアウトしたのですか?

元日本人プロサッカー選の下山田穂さんは、幼少期から女の子だからという枠にはめられがちでしたが、自らの性的思考を理解する過程で異性愛前提の社会に対する憤りを感じていました。特にドイツでの経験は同性のパートナーを持つことが一般的であり、日本での体験はしばしば居心地の悪さを感じさせるものでした。下山田さんはこの文化的ギャップをどう埋めるかについて深く悩んでいましたが、自身のアイデンティティを大きにすることで社会における偏見や固定観念に挑戦し続けるという決意を示しています。

Q4. 横山組さんはどのようにカミングアウトしたのですか?

元ナデシコジャパン代表の横山組さんは、中学時代からトランスジェンダーリズムに対する探求を始めていました。サッカーに没頭することで性別に縛られることなく自由に生きることができたと語っていますが、日本においては自身のアイデンティティを全面的に受け入れることは難しく、多くの時間を自分を隠すことに費やさざるを得ない状況にありました。その後アメリカへ渡った横山は、自らがトランスジェンダーであることを受け入れることができましたが、日本では同性婚が認められていないなど、文化的なギャップを痛感させられることとなりました。

Q5. 杉山文野さんはどのようにカミングアウトしたのですか?

杉山文野さんは東京レインボープライド(TRP)の共同代表理事として、日本におけるLGBTQコミュニティの可視化と需要拡大に重要な役割を果たしています。当初TRPを立ち上げた頃はLGBTという言葉自体が日本社会においてまだ一般的ではありませんでしたが、杉山さんの努力によりその認知度は劇的に向上し、現在では年間約24万人が参加する大規模なパレードが行われるまでに至っています。杉山さんは自身が経験した困難を社会全体の変化へとつなげていくことを試みており、LGBTQの人々が事故を表現し誇りを持って生きることができる社会を実現するための道筋を示しています。

Q6. ベニーさんはどのようにカミングアウトしたのですか?

ベニーさんは日本人で初めて公に性同一性障害を公表したプロレスラーです。2015年のデビュー以来、彼女は日本国内は元より国際的にもその名を知られるようになり、プロレスのシーンで顕著な足跡を残しています。ベニーの成功は単なるリング上の勝利にとどまらず、プロレス業界だけでなくより広範な社会的認識に影響を及ぼしています。彼女は LGBTQコミュニティ内外での表現と需要の促進に貢献し、特に日本のように性的マイノリティに対する理解が進んでいない文化においてその変化を促す象徴的な存在となっています。

Q7. 石野ゆかりさんはどのようにカミングアウトしたのですか?

石野ゆかりさんは元女子プロレスラーで、現在はトランスジェンダーのYouTuberです。彼女が恋愛感情を抱いた女性に対して初めて告白した際の経験が、家族に対してトランスジェンダーであることを明かすきっかけとなりました。石野さんの人生とキャリアは、トランスジェンダーやLGBTQコミュニティだけでなく広い範囲に向けて理解と需要の拡大を促進するための力強い段となっています。彼女は自身の経験を通じて、性別に関わらず誰もが自分らしく生きる権利を持っていることを訴えています。

Q8. 水ゆり子さんはどのようにカミングアウトしたのですか?

元女子サッカー日本代表の水ゆり子さんは、2006年に自らの正性同一性障害(トランスジェンダー)を公表しました。幼少期からサッカーに情熱を注ぎ、男の子たちと肩を並べてプレイしていた水さんは、内面的に自身が男性であるとの認識に苦しんでいました。この葛藤を乗り越える形で、自らの性同一性障害を公にしたことで、スポーツ界におけるLGBTQの人々に対する理解と需要を進める重要な一歩となりました。水さんの勇気ある行動は多くの人々に影響を与えています。

Q9. 新道5さんはどのようにカミングアウトしたのですか?

新道5さんは元女子ボクシング世界王者で、2017年に性別適合術を受けて戸籍上も男性となった注目の人物です。彼は自身のトランスジェンダーの経験を生かし、LGBTコミュニティのサポートと理解を深めるための活動を行っています。これには LGBT相談窓口の運営も含まれており、新道さんは個人生活においても子供を持つことに前向きで、LGBTの当事者として家族を持つ選択肢についても積極的に考えています。新道さんの物語は、個人が自身のアイデンティティに誠実に生きることの重要性を示しています。

動画:【驚愕】LGBT同性愛者を公言しているアスリート9選【※カミングアウト】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次