MENU

銀太プロ野球選手の驚きの経歴 – ADHDを乗り越えて夢を実現

レペゼン・DJ銀太がプロ野球選手になれた理由...ADHDと診断された真相に驚きを隠せない...『人気DJ集団』の元メンバーの本当の脱退理由がヤバすぎた...
出典:レペゼン・DJ銀太がプロ野球選手になれた理由...ADHDと診断された真相に驚きを隠せない...『人気DJ集団』の元メンバーの本当の脱退理由がヤバすぎた.../モバ芸TOWN(https://www.youtube.com/watch?v=_xFdKLu08Q4)

当サイトの記事は広告リンクを含みます

「ADHDと診断された人気DJが、プロ野球選への道を歩んだ驚きの理由とは?元メンバーの脱退理由も明かされる、DJグループの内幕に迫る。」
要約
  • レペゼンフォックスを脱退したDJ銀太の脱退理由は、レペゼン社長の失踪、社長との喧嘩、メンバーとの意見の相違、活動の幅を広げたいという思いなどが考えられる。
  • 銀太はADHDとASDと診断され、医師からの助言を受けて海外に行くことにした。
  • 銀太は東福岡高校時代に野球部に所属しており、プロ野球独立リーグの九州アジアリーグに所属することを明かした。
  • 銀太はソロ活動を行うほか、レペゼンフォックスの活動にも注目が集まっている。
  • 銀太は活動と野球選としての活動を両立していく予定である。

詳しくは動画でご覧ください

目次

銀太のADHD診断と野球選への転身

レペゼンフォックスを脱退したDJ銀太は、ADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されていた。診断を受けたことで気持ちが晴れ、海外への渡航も視野に入れていた。そして、密かに野球選になりたいという夢を抱いていた銀太は、レペゼンフォックスを脱退後、プロ野球独立リーグの九州アジアリーグに所属することを発表した。内野としてデビューする予定で、活動と並行して野球選としての活躍も期待されている。

レペゼンフォックスとの確執

銀太の脱退理由には、レペゼンフォックスのメンバーや社長との確執が関係していたようだ。社長との度重なる喧嘩や、他のメンバーの行動に疑問を呈していたことが、最終的な決断につながったと考えられる。また、レペゼンフォックスの方向性とは異なる性を追求したいという思いも、脱退の要因の1つだったと推測される。

社長の失踪と喧嘩

レペゼンフォックスの社長が突然連絡が取れなくなる事態が発生し、その後の対応に銀太が不安を感じていたことが明らかになった。さらに、社長との喧嘩も10回以上あったと報告されており、意見の相違が積み重なっていたことが脱退の背景にあると考えられる。

メンバーとの軋轢

社長の失踪中に発生したメンバーの交際疑惑に対する対応にも、銀太は疑問を感じていたようだ。他のメンバーとの信頼関係の亀裂が入ったことも、脱退の要因の1つだったと推測される。

性の相違

レペゼンフォックスの社長がエンタメ性を重視するのに対し、銀太は性を重視する考えだったことが明らかになった。この方向性の違いが、徐々に銀太の脱退を決意させていったと考えられる。

ソロ活動への期待

レペゼンフォックスを脱退した銀太は、ソロ活動を開始している。自身のやりたいを追求できるようになったことで、新曲の発表や野球選としての活動など、今後の活躍が期待されている。

よくある質問Q&A:銀太のADHD真相

DJ銀太のADHD診断と野球選への転身

DJ銀太は、ADHD(注意欠陥多動性障害)とASD(自閉スペクトラム症)の診断を受けていた。診断を受けたことで、自分に合った生活スタイルを見つけることができ、活動に集中できるようになった。また、以前から野球選になりたいという夢があり、レペゼンフォックスを脱退後、プロ野球独立リーグの九州アジアリーグに所属することになった。

レペゼンフォックスからの脱退理由

DJ銀太がレペゼンフォックスを脱退した理由は、レペゼン社長との意見の相違や喧嘩の積み重ね、メンバーとの信頼関係の亀裂、自身のやりたいことと団体の方向性の違いなどが考えられる。また、活動の幅を広げたいという思いもあったようだ。

動画:レペゼン・DJ銀太がプロ野球選になれた理由…ADHDと診断された真相に驚きを隠せない…『人気DJ集団』の元メンバーの本当の脱退理由がヤバすぎた…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次