MENU

「バウアーの移籍先が公表され、横浜DeNAベイスターズの今永昇太が契約工作に利用された衝撃の裏事情が明らかに」

バウアーが確定した移籍先に一同驚愕...!暴露された横浜DeNAベイスターズの今永昇太を利用した契約工作の裏側に言葉を失う...

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:バウアーが確定した移籍先に一同驚愕…!暴露された横浜DeNAベイスターズの今永昇太を利用した契約工作の裏側に言葉を失う…/日刊ウルトラ芸能(https://www.youtube.com/watch?v=bQOK9DZEPkw)

12月22日、横浜DNAベイスターズが新たな外国人投の獲得調査を進めているとの報道が広まりました。その中でもパイレーツからの移籍が噂されていたアンドレジャクソンの名前が浮上しました。記事では、ジャクソンのパイレーツ退団やNPBでのプレイ希望、そして他の球団との競争も取り上げられています。また、DNAのベンチには実績のあるリリーフ投が在籍しており、ジャクソンの獲得はリリーフ要因の補充を意味すると予想されています。引き続きDNAとの契約に関する調査が行われていることや、バウアー自身の目標についても触れられています。今後の展開が注目される記事です。

この記事の要約
-横浜DNAベイスターズが新たな外国人投の獲得調査を進めていると報道された。
-パイレーツから移籍が噂されていたアンドレジャクソンが候補として浮上している。
-調査中であるにも関わらず、米メディアはこの獲得をまるで確定事項のように伝えていた。
-パイレーツはジャクソンを解雇し、彼がNPBでプレイすることを望んでいることを発表した。
-エースの今長翔太が米国でプレイし、石田健太の残留が確定しているものの、先発要因が不足している状況。
-ジャクソンは先発での起用が期待されているが、スタミナ不足が懸念されている。
-リリーフ投も在籍しているが、バテる可能性がある場合はリリーバーの投入回数が増えることが予想される。
-バウアーのメジャー復帰には進展が見られない。
-バウアーの可能な遺跡先としてブレーブス、オリオールズ、パドレス、ダイヤモンドバックス、フィリーズが挙げられる。
-DNAはバウアーとの契約についても調査しており、リサーチを進めている。
-バウアーの代理人は交渉が順調に進んでいると明かしており、彼は日本に戻りたい可能性もあると述べている。
-バウアーの目標はサイヤング賞と沢村賞の受賞である。
詳しくは動画でご覧ください
目次

横浜DNAが外国人投アンドレジャクソンの獲得調査を進めている

皆さんこんにちは。DNAがターゲットにし ていたのはなんと12月22日横浜DNA ベイスターズが新たな外国人投として パイレーツからの移籍が噂されていた アンドレジャクソンの獲得調査を進めて いるとの報道が各メディアに広まりました。

パイレーツがジャクソンを外す理由

報道によれば調査中であるにも関わらず米 メディアはそれをまるで確定事項のように 伝えていました。12日にはパイレーツが ジャクソンを4人枠から外すと発表しその 理由として彼がNPBでプレイする ことを望んでいると複数の関係者が コメントしていました。

ジャクソンの獲得による影響

どの球団がジャクソンを獲得するのかしみにしていたところDNAの名前 がついに浮上しました。DNAは以前全ブルーJSの マイナーリーガーロー1ウィックを獲得し ていますが、今度はエースの今長翔太が米国 でプレイすることになり、バウアーの巨も 未定のままです。また、国内FA権を行使した 石田健太の残留は確定していますが、先発 要因がまだ不足している状態です。

ジャクソンの起用法についての懸念

23年 シーズン終盤には主に先発で登板してきた ジャクソンにはローテーション入りが期待 されますが、スタミナ不足が懸念されて います。米久会ではスタミナ不足が指摘されて おり、5回途中でガスケになることが多い9 数も60級程度で急速が急激に低下し先発 は厳しいと思いますと前出の在米ライター がコメントしています。

リリーフ投の補充がジャクソンの獲得の意味するところ

DNAのブルペンには実績十分なリリーフ投も多く在籍して いますが、60球程度でバテる可能性があれば 通常よりもリリーバーの投入が 増えることでしょう。ジャクソンの 獲得は主にリリーフ要因の補充を意味する と考えられます。また、在米ライターによれば、 バウアーのメジャー復帰には進展が見られ ないようです。

バウアーの可能な移籍先

バウアーの移籍先としては、ブレーブスオリオールズ パドレスダイヤモンドバックスフィリーズ などが挙げられます。ブレーブスは地区優勝を果たした チームであり、信頼できる投を得ることができると考えられます。オリオールズはプレーオフに進出 したが敗退したチームであり、投の助けが必要と指摘されています。パドレスはバウアーのMLB時代のライバル チームであり、彼らのスターアレンタティスJrとの 組み合わせがしくなる可能性があるとされています。ダイヤモンドバックスやフィリーズもバウアーを選択肢として 考えられるとされています。

バウアーの今後について

11月11日にはDNAがバウアーとの契約について 調査を進めていることが報じられました。DNAの萩原チーム統括本部長は、バウアーがメジャーに戻るために ソフトバンクなどともリサーチを進めていると述べています。また、バウアーの代理人である レイチェルルーバ氏はバウアーのメジャー復帰に向けた 交渉が順調に進んでいることを明かしました。彼はどんな 決断をしてもハッピーだと思うと述べており、日本への 再来日の可能性も示唆されています。

バウアーの目標について

バウアーは今年取れなかった沢村賞も彼の目標として あることを明かしました。彼の野球への 情熱と夢について紹介しました。

参考:バウアーが確定した移籍先に一同驚愕…!暴露された横浜DeNAベイスターズの今永昇太を利用した契約工作の裏側に言葉を失う…/YouTube「日刊ウルトラ芸能」(https://www.youtube.com/watch?v=bQOK9DZEPkw)

【動画】バウアーが確定した移籍先に一同驚愕…!暴露された横浜DeNAベイスターズの今永昇太を利用した契約工作の裏側に言葉を失う…

まとめ:バウアーの移籍先に一同驚愕!今永昇太を利用した契約工作の裏側が暴露される

この動画は、野球チームのDNAが新たな外国人投としてアンドレジャクソンの獲得調査を進めているという報道を取り上げたものでした。報道によると、ジャクソンはNPBでプレイすることを望んでおり、DNAが獲得を検討しているとされています。また、バウアーのMLB復帰の可能性や候補球団に関する情報も取り上げられました。

この動画を視聴して、私はDNAチームの動向に興味を持ちました。ジャクソンの獲得やバウアーの動向がチームの戦力にどのような影響をもたらすのか、また、どのような戦略を立てるのかが気になります。また、DNAが独自でクリエイティブな提案を行っていることも興味深いです。彼らの戦略には期待が持てると思います。

さらに、バウアーの目標として沢村賞を挙げていることも興味深かったです。彼の情熱と野球への取り組みが伝わってきました。バウアーのメジャー復帰やDNAとの契約については、今後の展開が注目されると感じました。

この動画は、野球ファンにとって興味深い情報を提供してくれました。DNAチームの動向やバウアーの行方に注目して、今後の展開をしみにしたいと思います。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次