MENU

張本勲氏が青学原監督を痛烈批判!原晋の性格の裏側に一同驚愕の反論が飛び出す!

青学原監督を張本勲が”喝だっ!TV出過ぎだ”と痛烈批判!!しかし反論したのは誰もが知る「世界の〇〇」だった!?学生が語る原晋の性格の裏側に一同驚愕!!

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:青学原監督を張本勲が”喝だっ!TV出過ぎだ”と痛烈批判!!しかし反論したのは誰もが知る「世界の〇〇」だった!?学生が語る原晋の性格の裏側に一同驚愕!!/バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛(https://www.youtube.com/watch?v=5mTr07Txmvs)

第100回箱根駅伝で青山学院大学が7度目の総合優勝を飾りました。青学監督の原さんの意外な裏の顔についても注目されています。さらに、青学のポジティブな思考や発言が周りに与える影響についても紹介します。また、張本尾さんの猛批判や過去の誤ちについても取り上げます。青山学院大学の強さの秘密や原監督の志し、学生たちの頑張りについて深く掘り下げます。最後に、応援している方はコメントを残してください。ありがとうございました。

この記事の要約
  • 第100回箱根駅伝が開催され、青山学院大学が10時間4時1分25秒で総合優勝し、新記録を樹立しました。
  • 青学の監督原さんは、人間性重視のスカウトがチームの強みであり、選をのびのびとさせるポジティブな思考や発言が特徴です。
  • 一方で、青学の張本尾さんは、監督がバラエティ番組に出演することを批判しました。
  • 過去の誤ちとして、監督は新入生のスカウト方針を変えてしまったことにより、実力者が抜ける結果となったことを反省しています。
  • しかし、監督は諦めずに、頑張っている選たちを箱根駅伝で成功させるために最後の1年を求めました。
詳しくは動画でご覧ください
目次

第100回箱根駅伝の注目度と青学の快挙

皆さんこんにちは。第100回箱根駅伝は3日袋が開催され、青山学院大学が大会新記録の10時間4時1分25秒で2年ぶり7度目の総合優勝を飾りました。フレッシュグリーンのたきをつけた走者が笑顔で大町のフィニッシュに飛び込んできました。今回の大会は第100回大会ということでとても注目されていた大会ですね。

優勝した青学の監督原さんの裏の顔?

今回の大会で優勝した青学の監督、原さんの意外な一面について話題になっています。過去の誤ちについて見ていきたいと思います。箱根駅伝で総合優勝した青学大の腹進む監督と選たちが4日、日本テレビの朝の情報番組に生出演しました。番組では1から10までのレースの模様をVTRで振り返りながら、選と原監督が当時の状況などを語りました。

シの赤坂巧選は、選に対する声かけというのはすごいポジティブなものが多くて、「行け行け行けみたいな感じで声をかけるんですけど、マイクを切った時にはネガティブになったりして心配しない一面があって、車内が不穏な空気になったりもします」と暴露しています。

原監督はレースを進める上での心境について話しました。「先頭でレースを進めると2分3分と開いてもいつ来るのかないつ来るのかなとか、ここで遠藤から誰か来て転倒しないようにしてねとか、捻挫して転ばないようにとか、何かアクシデントが起こりそうな気がするんですよ」と語っています。

腹進む監督のポジティブ思考と選の伸びについて

腹進む監督はこれまでメディアや本を通して数々の発言や名言を残してきました。明るい方がいいというポジティブな思考は周りに力を与え、勇気を与えることができると共に、青山学院大学の選がのびのびとしている雰囲気がとても伝わってきます。原監督は「伸びる人間には覚悟がある」とのことで、自分で考えることの重要性を訴えられています。「他力本願ではに入れることができない覚悟。覚悟をにした人だけがあの苦行のような箱根駅伝に出場できるんでしょう。ますます応援に力が入ります」と述べています。

張本さんの猛批判と王さんの反論

青学の快挙に対して、張本尾さんが猛批判をしたことも話題となっています。2019年1月6日放送のサンデーモーニングで、張本さんは青学の原監督を批判しました。原監督はバラエティ番組にも出演していることが問題視され、その意見に対してゲストの福岡ソフトバンクホークス球団会長、王さんが反論しました。

王さんは「負けたら何言われてもしょうがないんですよ。張本の見解に配慮を見せつつ、青学は見事でしたね。よくあそこまでね、もう1区あれば勝つんじゃないかってくらいまで頑張りました」とコメントし、張本さんの意見に賛同しつつも選や監督を責めることはしないような発言をしました。

原監督の過去の誤ちと腹進む思い

原監督の過去の誤ちについても見ていきたいと思います。3年間の努力が水泡に帰してしまった経験や、最終年には陸上部内の雰囲気に問題があったことを反省し、選の人間性よりも結果を重視してスカウティングを行いましたが、その結果は思わしくありませんでした。それでも原監督は諦めず、一年間の延長をにすることができました。彼は自分たちの可能性を信じていたのです。

これからも原監督と学生たちはチーム一丸となって頑張り、再び箱根駅伝に挑戦していくでしょう。応援している方はぜひコメントに残してみてください。それでは最後までご視聴いただき、ありがとうございました。

参考:青学原監督を張本勲が”喝だっ!TV出過ぎだ”と痛烈批判!!しかし反論したのは誰もが知る「世界の〇〇」だった!?学生が語る原晋の性格の裏側に一同驚愕!!/YouTube「バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛」(https://www.youtube.com/watch?v=5mTr07Txmvs)

【動画】青学原監督を張本勲が”喝だっ!TV出過ぎだ”と痛烈批判!!しかし反論したのは誰もが知る「世界の〇〇」だった!?学生が語る原晋の性格の裏側に一同驚愕!!

まとめ:青学原監督への批判に世界的な人物が反論!驚きをもたらす原晋の性格の裏側

この動画を見て、青山学院大学が第100回箱根駅伝で総合優勝したことに驚きました。10時間4時1分25秒という新記録での優勝は本当に素晴らしい成績ですね。特に、バトンを受けた走者が笑顔でフィニッシュに飛び込む姿が印象的でした。

また、この大会は第100回という節目の大会であったため、注目度も高かったのかなと思います。優勝した青学の監督原さんの裏の顔についても興味深く、過去の誤ちについて詳しく知りたいと思いました。また、青学の選たちがのびのびとしている雰囲気が伝わってきて、腹進む監督のポジティブな思考や発言の力が周りに与える影響力に感銘を受けました。

さらに、張本尾さんが腹進む監督を猛批判した件についても興味深かったです。張本さんのコメントに対して福岡ソフトバンクホークスの王会長が反論し、その姿勢に賞賛が寄せられていたことも気になりました。

そして、腹進む監督の過去の誤ちについての話も興味深かったです。彼が気持ちを切り替えて部内の雰囲気を変えようと試みた結果、失敗に終わったことが彼自身にとっても大きな教訓となっていたことが伝わってきました。しかし、彼はあきらめずにさらなる挑戦を続ける姿勢に感動しました。

この動画を通じて、青山学院大学の強さの秘密や腹進む監督の人間性について深く理解することができました。来年の箱根駅伝でも、青学が優勝を果たすことを期待しています。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次