MENU

『五月みどりの軌跡』:認知症が変えた彼女の生活と言葉の喪失。有名女優歌手の旦那の死因や3度の離婚、そして子供たちの現在に驚きが広がる。

五月みどりの現在...認知症で変わり果てた生活に言葉を失う...『おひまなら来てね』で有名な女優歌手の旦那の死因や3度の離婚...子供の現在に驚きを隠せない...

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:五月みどりの現在…認知症で変わり果てた生活に言葉を失う…『おひまなら来てね』で有名な女優歌の旦那の死因や3度の離婚…子供の現在に驚きを隠せない…/昭和ロードショー(https://www.youtube.com/watch?v=26GsyLz5Lqc)

人気番組『伊家の食卓』でお母さん役を務めていたさみさんが、2023年の大晦日に復活することが発表されました。しかし、12月21日に出演者が発表されると、なんとさみさんの名前がなかったことが話題となりました。一部では認知症ではないかという噂も立っています。今回はさみさんの恋愛遍歴や子供についてお伝えします。是非最後までご視聴ください。

この記事の要約
– さみさんが人気番組『伊家の食卓』でお母さん役を演じていたが、2023年の大晦日に復活するも、12月21日に発表された出演者にさみさんの名前がないことが明らかになった。
– さみさんの名前がない理由として、認知症ではないかという噂が広まっている。
– さみさんのプロフィールと経歴を紹介し、彼女が長年芸能界で活躍してきたことやビジネスでも成功していることを述べる。
– さみさんの家族について紹介し、兄弟の中にはプロボーラーや演歌歌もいることを説明する。
– さみさんの過去の結婚歴と、それぞれの離婚理由について詳しく説明する。
– さみさんの子供について紹介し、娘さんは歌である水沢えりさん、息子さんはプロゴルファーの西川哲さんであることを明かす。
– さみさんの認知症の噂の理由として、セリフの覚えが悪くなったことやバラエティ番組でのコメントがあやふやだったことを挙げる。
– 現在のさみさんの状況を紹介し、認知症でない可能性もあるが、物忘れや言動の変化が見られることを指摘する。
– さみさんの近況として、元気に過ごしており、コロナの影響でほとんど外出しなくなったことや、ワクチンを接種していないことを述べる。
– 最後に、さみさんの今後に注目していることと、動画を視聴してくれた視聴者に感謝の意を伝える。
詳しくは動画でご覧ください
目次

さきみさんのプロフィールと経歴

さきみさんは1939年10月21日に東京都で生まれ、さき企画に所属しています。1958年、19歳の時に座敷ロックでデビューし、1961年には大ヒット曲「お暇なら来てね」をリリースしました。その後も実力派美人歌として人気を博し、女優やバラエティ番組でも活躍してきました。

1989年には自我像赤いストールで西店に初入翌年の2店に思い出出年連続の入賞を果たし、1992年には着物デザイナーとしてデビューしました。2000年には61歳でオリジナルティッシュボックス教室ビーナスを大官山にオープンし、女優業だけでなく絵画など他の分野でも活躍しています。特にオリジナルティッシュボックス教室ビーナスは全国展開されるほどの人気を集めています。

さきみさんは芸能界での成功だけでなく、ビジネスでも成功しており、現在は400坪の大豪邸に住んでいます。長年にわたって活躍し続け、途方もない財産をに入れていることが伺えます。

さきみさんの兄弟にはももさきさんがおり、なんと8人兄弟の長女です。さきみさんの父親は芝居小屋を作るほど芸事に憧れを持っており、ももさきさんもその影響を受けて芸能界に進んだのかもしれません。

さきみさんの兄弟の中で特に注目すべきはももさきさん以外の2人です。1人目は西城正明さんで、元々は歌でしたが、プロボーラーとしても活躍し、日本人初の海外優勝を果たしました。もう1人は小松みさんで、演歌歌として活動していましたが、女優としても活躍していました。さきみさんと兄弟たちは仲が良く、連絡を取り合っているそうです。

さきみさんの結婚と離婚歴

さきみさんは3度の結婚と離婚を経験しています。

最初の結婚相は、新営プロダクションの社長である西川幸夫さんでした。さきみさん自身もこの事務所に所属しており、活動の助けをしてもらううちに結婚に発展したのだと言われています。結婚後は2人の子供を授かり、幸せな家庭を築いていましたが、価値観の違いや夫の扱いに不満が募り、わずか6年で離婚してしまいました。

2度目の結婚相はテレビ番組のディレクターである高正義さんでした。最初はしい結婚生活を送っていたものの、夫の会社の経営が苦しくなり、さきみさんの財産を使い込んでしまったことが離婚の原因となりました。

3度目の結婚相は歌の立花純一さんでした。当時のさきみさんは46歳、立花さんは20歳年下という年の差婚でしたが、わずか2年で離婚してしまいました。離婚の原因は立花さんの浮気や結婚当日に女性関係が発覚したことだと言われています。

現在はさきみさんは元マネージャーのヘミ文康さんと事実婚状態にあります。ヘミ文康さんはさきみさんを3度の離婚を経験した中で一貫して支え続けており、お互いに愛を注ぎ合っているようです。

さきみさんの認知症の噂

さきみさんには認知症の噂がありますが、確定的な情報はありません。

噂の理由としては、さきみさんがテレビ番組の収録でセリフを覚えられないということが挙げられます。2017年に出演したドラマ「安らぎの国道」の撮影現場ではセリフが覚えられず、カンニングペーパーを使用して撮影に臨んでいたと言われています。また、バラエティ番組に出演した際にもコメントがあやふやだったということがありました。

ただし、現在のさきみさんの状況は番組出演に相応の準備時間を必要とし、年齢的な要因や体調不良があるようです。さきみさんは病院には行かないタイプで、健康体であるとされています。物忘れがあったとしても、認知症とは限らないと考えられます。

さきみさんの近況については、元気に過ごしており、自宅でゆっくりとした生活を送っているとのことです。現在もコロナ禍のため外出は控えており、健康に気を使っているようです。

参考:五月みどりの現在…認知症で変わり果てた生活に言葉を失う…『おひまなら来てね』で有名な女優歌の旦那の死因や3度の離婚…子供の現在に驚きを隠せない…/YouTube「昭和ロードショー」(https://www.youtube.com/watch?v=26GsyLz5Lqc)

【動画】五月みどりの現在…認知症で変わり果てた生活に言葉を失う…『おひまなら来てね』で有名な女優歌の旦那の死因や3度の離婚…子供の現在に驚きを隠せない…

まとめ:五月みどりの波乱人生

この動画はさみさんという番組の出演者の恋愛歴と認知症の噂について語られていました。さみさんは番組で活躍していたが、2023年の大晦日に復活することが発表された際、彼女の名前がなかったことから認知症の噂が広がっているようです。

動画ではさみさんのプロフィールと経歴が紹介されました。彼女は1958年にデビューし、美人歌として活躍してきました。また、彼女は3回の結婚を経験し、現在は元マネージャーのヘミ文康さんと事実婚状態にあるようです。さみさんの子供たちも芸能界で活躍しており、娘さんは元歌の水沢江さんで、息子さんはプロゴルファーの西川哲さんです。

さみさんの認知症の噂については、彼女がテレビ出演時にセリフを覚えられないことや、バラエティ番組でのコメントがあやふやだったことが理由として挙げられていました。しかしながら、さみさん自身は病院には行っておらず、自宅でゆっくり過ごしているとのことです。

この動画は、さみさんの豪華な経歴や子供たちの活躍、そして認知症の噂について詳しく語っていました。さみさんの今後に注目が集まることでしょう。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次