MENU

HYBEパン会長がLESSERAFIMに謝罪した理由『EASY』 レコーディング中での出来事

HYBEパン会長が『EASY』 レコーディング中にLESSERAFIMに謝罪した理由

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:HYBEパン会長が『EASY』 レコーディング中にLESSERAFIMに謝罪した理由/KPOPファンダム【毎日更新】(https://www.youtube.com/watch?v=Eb7O3Fx1LE0)

先日、ルセフィムのメンバーはハイブレーベルの会長であるパン子局から謝罪の申し出があったことを明らかにしました。この謝罪は彼らの最新ミニアルバムの制作中の出来事でした。そのミニアルバムは2月19日にリリースされ、世界中で大きな反響を呼びました。タイトル曲のミュージックビデオはわずか13時間でYouTube再生回数1000万回を突破し、発売初日にはアルバムのフィジカルセールスで78万円以上の売り上げを記録しました。このアルバムは様々なジャンルの曲が収録され、多くのリスナーから高い評価を得ています。しかし、レコーディングのプロセスは簡単ではなかったようで、特にボーカルのレコーディングには時間と労力がかかりました。それでも、パン子局はメンバーを激励し、全力でアルバムを作り上げるよう尽力しました。その心意気がアルバムに反映されていることは言うまでもありません。

この記事の要約
  • ルセフィムのメンバーは、先日ハイブレーベルの会長であるパン子局から謝罪の申し出があったことを明らかにしました。
  • 先日リリースされたミニアルバムは世界中で大きな反響を呼び、タイトル曲のミュージックビデオはわずか13時間でYouTube再生回数1000万回を突破しました。
  • アルバムの発売初日には、78万円以上のフィジカルセールスを記録しました。
  • アルバムに収録された曲はリスナーから高い評価を得ており、様々なジャンルの曲が収録され、幅広いジャンルの曲に感動したリスナーも多いようです。
  • レコーディングのプロセスは簡単ではなく、ボーカルレコーディングには特に時間と労力がかかりました。
  • プロデューサーの監視の下、レコーディングは濃密なものであることが分かり、一部の部分は取り直す必要があったそうです。
  • 桜は初めてラップのレッスンも受けました。
  • パン子局はメンバー全員にアルバムに全力を尽くすよう激励したそうです。
詳しくは動画でご覧ください
目次

ミニアルバムのリリースと反響

ルセフィムのメンバーは、最新ミニアルバムの制作中にハイブレーベルの会長であるパン子局から謝罪の申し出があったことを明らかにしました。そして、このミニアルバムは2月19日にリリースされ、立ちまち世界中で大きな反響を呼びました。特にタイトル曲のミュージックビデオはわずか13時間でYouTube再生回数1000万回を突破しています。さらに、発売初日にはアルバムの合計フィジカルセールスが78万円以上を記録しました。リスナーからは高い評価を得ており、様々なジャンルの曲が収録されたことに感動したリスナーも多いようです。

アルバム制作のプロセスの困難さ

しかし、このような多彩なアルバムをレコーディングするプロセスは簡単なものではありませんでした。2月19日にはソウルの後来大学火星体育館でルセフィのケースが行われました。さはルセフィのエグゼクティブプロデューサーであり、ハイブレーベルの会長でもあるパンジがグループにあらかじめ謝ってくれたと語りました。特にボーカルレコーディングについては、よりハードで長い作業をする必要がありました。桜は、「レコーディングの一部分は四重で取り直す必要があった」と振り返っています。プロデューサーと会長は、今回のアルバムではボーカルが良くなければいけないということで、レコーディングに時間がかかることを事前に謝っていました。そのため、密度の濃い作業になり、何局かは取り直すことが必要だったそうです。また、桜は初めてラップのレッスンを受けたとも言いますが、最後まで頑張って高品質なアルバムに仕上げることができました。

メンバー全員の全力と激励

アルバム制作にあたり、パンジはメンバー全員に全力を尽くすよう激励したそうです。その気持ちがアルバムによく表れていると言えるでしょう。

参考:HYBEパン会長が『EASY』 レコーディング中にLESSERAFIMに謝罪した理由/YouTube「KPOPファンダム【毎日更新】」(https://www.youtube.com/watch?v=Eb7O3Fx1LE0)

【動画】HYBEパン会長が『EASY』 レコーディング中にLESSERAFIMに謝罪した理由

まとめ:HYBEパン会長のレコーディング中の謝罪理由

この動画はルセフィムのメンバーが最新のミニアルバムジの制作中にあった出来事について語っています。パン子局からの謝罪の申し出やミニアルバムのリリース後の反響など、興味深い内容が詳細に伝えられています。

特に注目すべきは、ミュージックビデオがわずか13時間で1000万回再生を突破したことや、発売初日にアルバムのフィジカルセールスが78万円以上に達したことです。これはグループの人気と支持の高さを物語っています。

また、アルバムに収録された曲はさまざまなジャンルにわたり、幅広い性を持っているとのことで、リスナーからも高い評価を得ているようです。アイドルグループの成長や進化を感じることができる、感動的な内容です。

しかし、桜が語るように、このような多彩なアルバムを作るプロセスは容易ではなかったようです。特にボーカルレコーディングには時間がかかり、何度もやり直した局もあったそうです。桜自身も初めてラップのレッスンを受けたと言います。

このようなハードな作業にもかかわらず、パン子局はメンバー全員を激励し、全力を尽くすよう励ましていたそうです。その結果、アルバムは成功し、ファンやリスナーからの支持を得ることができたのだと思います。

私はこの動画を通じて、ルセフィムのメンバーがアルバム作りに対してどれだけの努力をしているのかを感じました。彼らの情熱と才能に触れることができ、ますます彼らの活動に注目したくなりました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次