MENU

【衝撃】響龍力士が土俵で放置された真相…死因が明らかにされ、驚きが広がる…大相撲試合後の奇妙な光景…1ヶ月間の闘病生活の壮絶な記録に感動が溢れる…

【驚愕】響龍が土俵で放置された理由...本当の死因に驚きを隠せない...大相撲取り組み後の異様な光景...1ヶ月間の闘病生活の全貌に涙が零れ落ちた...

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:【驚愕】響龍が土俵で放置された理由…本当の死因に驚きを隠せない…大相撲取り組み後の異様な光景…1ヶ月間の闘病生活の全貌に涙が零れ落ちた…/芸能界の暴露団(https://www.youtube.com/watch?v=tZHI4XNKgFc)

2021年4月28日、救世呼吸不全のために亡くなった境川部屋所属の3段目力士、響き龍の天野みさん28歳の死去によって、相撲界に衝撃が走りました。土俵上での事故による異例の死は、協会をショックと悲しみで包み込みました。この記事では、彼のプロフィールや経歴に加えて、彼の死の理由と長い力士生活についても紹介していきます。

この記事の要約
  • 2021年4月28日、3段目力士の響き龍が土俵上の事故により亡くなった。
  • 響き龍の死去は極めて異例であり、会はショックと悲しみに包まれる。
  • 葬国別式は部屋関係のみで行われ、協会は対策措置に全力を上げることを決定。
  • 響き龍のプロフィールや経歴について紹介される。
  • 響き龍は山口県下関市で生まれ、県立響き高校の相撲部に所属していた。
  • 2011年に境川部屋に入門し、10両優勝も果たした。
  • 響き高校は相撲の名門校として知られており、響き龍の先輩である豊響さんなども在籍していた。
  • 響き龍は2021年春場所の取り組みで首付近を負傷し、その後亡くなった。
  • 力士に対する医療措置が再び問題視され、改革が必要だとの声が出ている。
  • 日本相撲協会は規則変更の検討を表明している。
詳しくは動画でご覧ください
目次

響き龍のプロフィールと経歴

皆さんこんにちは。2021年4月28日、救世呼吸不全のため亡くなった境川部屋所属の3段目力士、響き龍の天野みさん(28歳)という若い力士の死は、会を始め多くの人にも衝撃を与えました。土俵上の事故による死去は極めて異例とのことで、会はショックと悲しみに包まれることになりました。その後、葬儀は部屋関係のみで行われました。覚理事長で元横綱の北斗は、ツイートのコメントともに、悲劇を繰り返さないよう協会は専門家の意見をまとめて対策措置に全力を上げるとしました。

響き龍のプロフィールと経歴

響き龍さんは1993年3月17日に山口県下関市に生まれました。その後、山口県下関市豊浦町の県立響き高校に進学し、高校では相撲部に所属しました。身長178cmで体重は140kgと、体が大きな生徒だったそうです。高校2年生の時には全国高校相撲で団体ベスト16に入り、高校3年時にはベスト32の成績を残しました。入門前はスモウをしていたようです。

2011年2月に境川親方と共に上京し、5月の技能審査場所で初土俵を踏みました。入門当時は大相撲が八鳥問題で休業していた時期でしたが、響き龍さんは立ち会いから攻める相撲を目指すと意気込み、辞めずに入門を続けました。

そして2017年には10両優勝を果たし、同じ境川部屋に所属する先輩の背中を追いかけると語っていました。

響き龍の家族と結婚

響き龍さんの家族や結婚についての情報は見つかりませんでした。家族についての話や奥様・子供についての情報も見つからなかったため、結婚はしていなかったようです。

響き龍の力士としての成績

響き龍さんの最高位は3段目24枚目で、生涯戦歴は195勝206敗59休でした。

響き龍の死と医療措置の問題視

2021年の春場所13日目の取り組みで響き龍さんは投げられた際、東部から落ちて首付近を負傷しました。近くで見ていた関係者によると、響き龍さんがうつ伏せのまま動けなくなり、土俵近くにいた関係者らが医療措置を取らなかったことが批判を受けました。響き龍さんは救急搬送後、首から下が動かない状態になっていたと言われています。

会関係者によれば、響き龍さんは4月の初旬に肺炎を患っており、回復の兆しが見られていたと言います。しかし、関係者によると響き龍さんは脳負傷により、肩が動かないなどの症状が残っていたと訴えていたと言われています。

響き龍さんの死去を受けて、力士に対する医療措置の改革が求められるようになりました。大相撲協会も規則変更の検討を表明し、力士の安全を守るための体制作りが必要だとされています。

参考:【驚愕】響龍が土俵で放置された理由…本当の死因に驚きを隠せない…大相撲取り組み後の異様な光景…1ヶ月間の闘病生活の全貌に涙が零れ落ちた…/YouTube「芸能界の暴露団」(https://www.youtube.com/watch?v=tZHI4XNKgFc)

【動画】【驚愕】響龍が土俵で放置された理由…本当の死因に驚きを隠せない…大相撲取り組み後の異様な光景…1ヶ月間の闘病生活の全貌に涙が零れ落ちた…

まとめ:響龍の土俵放置事件の真相、死因、異様な光景、そして闘病生活

この動画は、2021年4月28日に亡くなった力士、響き龍さんについての内容でした。響き龍さんは若くして救世呼吸不全により亡くなり、相撲界に大きな衝撃を与えました。土俵上の事故による死亡は異例であり、関係者はショックと悲しみに包まれていました。葬国別式は部屋関係者だけで行われ、協会は専門家の意見をまとめて対策を立てることを決めました。

動画では、響き龍さんのプロフィールや経歴、死因、そして長い力士生活について詳しく紹介されています。響き龍さんは山口県下関市で生まれ、響き高校の相撲部に所属していたことがわかりました。高校時代から響き高校の名前を背負い、先輩である豊響さんの背中を追いかけて入門しました。響き高校は2020年に廃校となり、山口県立下関北高等学校に統合されました。

響き龍さんの家族や結婚については情報がなく、結婚していないことがわかりました。最高位は3段目24枚目であり、その生涯戦歴は195勝206敗59休でした。

響き龍さんの死因は、2021年の春場所13日目に取り組み中に投げられて首付近を負傷したことによるものでした。近くにいた関係者によれば、土俵上で動けないままうつ伏せにされ、医療措置が5分以上取られなかったという批判がありました。響き龍さんは救急搬送された後、首から下が動かない状態となっていました。

会関係者や関係者のコメントからは、響き龍さんの病状や治療についても言及されています。一時は回復の兆しが見られたものの、突然の体調悪化により亡くなってしまったとのことです。相撲会に対しては、力士への医療措置に改革が必要だとの声が出ています。

この動画を通じて、響き龍さんの死亡による問題点が浮き彫りにされました。今後同じような悲劇が起こらないよう、相撲界はしっかりと対策を講じるべきだと強調されています。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次