MENU

小田貴月が高倉健の養女とされた真相に言葉を失う…女優の家族によって嫌われた理由に隠れた驚きを解き明かす

小田貴月が高倉健の養女になった真相に言葉を失う…ドラマや映画で活躍した女優の家族に嫌われた理由に驚きを隠せない…

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:小田貴月が高倉健の養女になった真相に言葉を失う…ドラマや映画で活躍した女優の家族に嫌われた理由に驚きを隠せない…/推しの故(https://www.youtube.com/watch?v=fWpZmFa8iE0)

今回は俳優の高倉けさんの幼女と言われている織田さんについて紹介します。織田さんは17年間に渡り高倉けさんを支えた彼女であり、高倉さんが最後に愛した女性とも言われています。この記事では、織田さんの現在や高倉健さんの幼女となった理由、身内から嫌われた理由についてまとめていきます。織田さんは1964年1月13日生まれで、出身は東京都板橋区です。千代田女学園高校在学中に芸能界入りし、女優として活動していました。また、高倉けさんの著作権などを管理する高倉プロモーションの社長も務めています。最近では、メディアへの露出も増えています。しかし、織田さんは身内からは嫌われており、その理由についても詳しく説明します。高倉けさんと織田さんの関係や織田さんの活動について興味がある方は、ぜひ続きをご覧ください。

この記事の要約
  • 織田さんは高倉健さんの幼女と呼ばれており、17年間支えてきた彼女であり、高倉さんの最後に愛した女性とも言われている。
  • 織田さんは1964年1月13日生まれで、東京都板橋区出身である。身長は163cmで、バスト80.4cm、ウエスト58cm、ヒップ86cmとのこと。
  • 織田さんは高校時代に新体操や演劇部で活躍し、女優としても活動していた。また、プライベートでは2度の離婚歴があり、現在は女優として活動しながら高倉プロモーションの社長も務めている。
  • 織田さんは高倉さんの最後の1年を綴った著書「高倉県最後の季節」を出版し、現在も高倉さんの遺産を管理している。
  • 織田さんは高倉健さんとは1996年に出会い、2人の出会いは香港のホテルでの取材時に偶然出会ったことから始まった。その後、紙のやり取りが続き、共に暮らすようになった。
  • 織田さんは高倉さんの最後まで看病を続け、彼の病状が悪化する中での日々を支えた。高倉さんの最後の言葉は「慌てるな」というものだった。
  • 織田さんは高倉さんの死後、彼の遺産を相続したが、その遺産については不可解な点があり、織田さん自身も身内から嫌われる存在になってしまった。
  • 織田さんは自らの存在を世間に知られぬように暮らしてきたが、現在は活動名義を織田とし、メディアへの露出も増えているという。
  • しかし、織田さんは高倉さんの父親や家族との関係が悪化しており、特に父親が入院し術をする際に織田さんは会いに行かなかったことや、遺産相続後の行動が問題視されている。
詳しくは動画でご覧ください
目次

織田孝さんについて

織田孝さんは1964年1月13日生まれで、東京都板橋区出身です。千代田女学園高校在学中にスカウトされ、短期大学に進学しましたが中退して芸能界入りしました。身長は163cmで、バスト80.4cm、ウエスト58cm、ヒップ86cmのようです。高校時代は新体操で活躍し、演劇部にも在籍していたようです。また、高倉良子と解明し、ホテルジャーナリストやテレビディレクターとしても活動していました。女優としては、『必殺仕事人3』、『ミト校門パソコンサンデー』などに出演していました。私生活では2度の離婚歴があり、26歳の時には日本人とフランス人のハーフと結婚しましたがすぐに別居して離婚し、その後はNHKの番組制作プロデューサーと再婚しましたが、再び離婚しました。お子さんはいないようです。現在は女優としてだけでなく、高倉健さんの著作権などを管理する高倉プロモーションの社長を務めています。

高倉健さんと織田孝さんの出会いについて

高倉健さんと織田孝さんは1996年に出会いました。当時、織田さんはフリーライターとして活動しており、高倉さんとは香港でのホテル取材中に偶然出会いました。その後、2人は紙のやり取りを始め、お互いに本の紹介や旅の話などをしていました。やり取りは1年ほど続き、次第に親密な関係を築いていきました。その後、織田さんは高倉さんと共に暮らすようになり、夫婦となりました。織田さんは高倉さんとの生活において、食事を大切にするように心掛け、高倉さんの好みの食材を取り入れながら献立を工夫していました。高倉さんも織田さんの意見を大切にし、お互いに助け合って暮らしていました。

高倉健さんが織田孝さんの幼女となった理由

織田孝さんが高倉健さんの幼女となった理由は、織田さんの母親が倒れたことがきっかけでした。高倉さんは、織田さんが自分の身に何か起きた時に、他の人が代わりに医師の説明を聞くことができないことを知り、織田さんと正式に家族となることを決意しました。結婚となると世間が大騒ぎになってしまうことを考え、高倉さんは織田さんを自分の幼女と呼び、織田さんもそれを受け入れました。織田さんは高倉さんの最期まで看病をし、追い立てながら支え続けました。

織田孝さんの遺産相続について

織田孝さんは高倉健さんの遺産を相続したと言われています。遺産は40億円とも言われており、高倉さんが亡くなった後、織田さんは福岡にいる高倉さんの実家に帰らず、仮装してしまったことからも、遺産を受け継いだことが伺えます。ただし、具体的な遺産の内容は明かされていません。織田さんは、高倉さんの遺志を尊重し、高倉さんの関係者との話し合いが済んでいることを明かしており、遺産の取り扱いについては慎重に進めている様子です。

織田孝さんの身内からの嫌われた理由

織田孝さんは一部の家族から嫌われているようです。その原因として、織田さんが実の父親を捨てることを選んだことによるものと言われています。織田さんは実の父親を訪ねた際、父親の家に現れ、封筒に30万円を渡したとされています。しかし、その後父親に会いに行くことはなく、父親が亡くなった時にもほとんど会うこともなかったとのことです。また、織田さんが高倉さんの葬儀にはほんの一部しか参加せず、高倉さんが生前大切にしていた思い出の品や家を壊してしまったことも、織田さんに対する嫌悪感を抱かせる要因となったようです。

参考:小田貴月が高倉健の養女になった真相に言葉を失う…ドラマや映画で活躍した女優の家族に嫌われた理由に驚きを隠せない…/YouTube「推しの故」(https://www.youtube.com/watch?v=fWpZmFa8iE0)

【動画】小田貴月が高倉健の養女になった真相に言葉を失う…ドラマや映画で活躍した女優の家族に嫌われた理由に驚きを隠せない…

まとめ:小田貴月、高倉健の養女入り真相に衝撃

この動画は、俳優の高倉健さんの幼女と呼ばれる織田さんについて紹介しています。織田さんは17年間に渡り高倉健さんを支えてきた存在であり、高倉さんが最後に愛した女性と言われています。動画では、織田さんの経歴や高倉健さんとの関係、そして織田さんが幼女となった理由などについてまとめられています。

織田さんの経歴やプロフィールが紹介されていたことから、彼女が芸能界で活動してきたことや、高倉健さんと出会う前の経歴が分かりました。また、高倉さんとの出会いのエピソードや、彼女が高倉健さんの身を看病し、最後まで支え続けたことも明かされていました。織田さんが高倉さんの最後の年を綴った著書を発売し、高倉さんからの宿題を終えたことも触れられています。

一方で、織田さんが高倉健さんの遺産を相続したことについては、織田さんが高倉さんの生前から彼のプライバシーを守ってきたことや、高倉さんの意思を尊重して活動していることが語られています。しかし、織田さんが実の父親との関係を断ち切り、彼の入院先にも面会に行かなかったことが明かされ、織田さんに対する批判や疑問も示されています。

この動画を通じて、織田さんの経歴や高倉健さんとの関係について詳しく知ることができました。高倉健さんとの絆や、織田さんが彼の最後の年をどのように支えたのかを知ることで、二人の関係に敬意を持ちましたが、同時に織田さんの家族との関係についての事実も知り、様々な思いが交錯しました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次