MENU

デヴィ夫人、慈善団体の資金持ち逃げ報道に対し週刊誌を告訴!芸能人の正体に言葉を失う…タレントとして活躍する彼女の失言でも消えない理由に驚きを隠せない…

デヴィ夫人が“慈善団体の資金持ち逃げ報道”に対し週刊誌を“刑事告訴”…共演NGを突きつけた芸能人の正体に言葉を失う…「タレント」として活躍する彼女が“失言”の数々でも消えない理由に驚きを隠せない…

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:デヴィ夫人が“慈善団体の資金持ち逃げ報道”に対し週刊誌を“刑事告訴”…共演NGを突きつけた芸能人の正体に言葉を失う…「タレント」として活躍する彼女が“失言”の数々でも消えない理由に驚きを隠せない…/ハイカラビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=NLuwPFwAsd0)

今回は、タレントのデビ夫人が週刊文春の関係者を名誉村及び信用村の罪で刑事国訴したことを報告したというニュースについてご紹介します。デビ夫人は、報道された内容が事実無根であるとし、週刊文春の取材に対して資料を提供し回答したにも関わらず、回答が意図的に報道されなかったと主張しています。また、デビ夫人は芸能界で炎上しながらもテレビに引っ張りだこされる理由についても触れています。今後の判決の進展やデビ夫人の活動にも注目が集まります。

この記事の要約
  • デビ夫人が週刊文春を名誉毀損で刑事告訴したことを報告
  • デビ夫人は週刊文春の報道が事実無根であると主張し、回答文書が無視されたと述べた
  • デビ夫人の発言が炎上し、テレビでの仕事に影響が出た
  • デビ夫人を使い続ける理由として、テレビ局の倫理感や視聴率を取る能力があるためと指摘されている
  • デビ夫人が共演NGになっている著名人について紹介
  • デビ夫人の発言に対する共感の声もある
詳しくは動画でご覧ください
目次

デビ夫人、週刊文春に対する刑事国訴を報告

タレントのデビ夫人が27日、自身のInstagramで週刊文春の関係者らを名誉既存及び信用既存の罪で刑事国訴したことを報告しました。これまでに週刊文春は、デビ夫人が代表理事を務めていた事前団体アミエジャポンの資金を持ち逃げし他の理事とトラブルになっているなどと報じていました。デビ夫人は昨年の週刊文春の報道について、週間文春の関係者や一般社団法人アエソンフロンティエールの関係者を名誉既存及び信用既存の罪で刑事告訴しましたと明かしました。

デビ夫人の週刊誌トラブル

週刊文春の取材に対し、デビ夫人は資料をつけて丁寧に回答したにも関わらず、週刊文春は私の回答を意図的に報じませんでした。さらに、週刊文春から取材以来のメールが届いたのが令和5年8月27日午後5時1分で、回答期限を翌日の午後5時に区切られていました。デビ夫人は他の仕事を差し置いて対応にあたり、翌日資料を添えて丁寧に回答した文書を週刊文春の編集部に持っていきましたが、週刊文春の記者は私の回答文書の内容を無視して記事を執筆し、雑誌を発行するとともにインターネットでも広く配布したのです。

週刊誌報道によるデビ夫人の社会的影響

週刊誌の報道により、デビ夫人はインターネット上での誹謗中傷を受け、仕事やテレビ番組への出演が中断されました。デビ夫人は社会から抹殺されるのではないかとの恐怖感を抱いていました。また、彼女は週刊誌の取材を受けたことにより、冤罪や誹謗中傷にさらされるリスクがあることに気づきました。そのため、デビ夫人は今後の操作に支障をきたさないよう取材を固くお断りすることを発表しました。

週刊文春の報道姿勢に対するデビ夫人の批判

デビ夫人は最近の週刊誌の報道姿勢について批判し、一部の週刊誌が表現の自由や報道の自由に名を借りた言葉の暴力を振りかざして著名人を貶め、社会から抹殺していると指摘しました。言葉の暴力が人を傷つけ、痛ましい事件が起きている現状についても言及し、報道機関が権力を持ち、言葉の暴力を利用することは許されるべきではないと述べました。また、一般の人が週刊誌を利用して著名人を追い込んでいる場合も、報道機関がその共犯者とされるべきであり、報道機関の姿勢が正しいかどうかを検討する必要があると主張しました。

デビ夫人の週刊誌トラブルによる影響

デビ夫人は過去にいくつかの番組でトラブルを起こしており、共演NGにされているタレントもいることが報じられています。小島瑠璃子さんやソミさん、AKB48、みこさん、ダ光さんなど、デビ夫人との共演を嫌うタレントもいます。しかし、デビ夫人はテレビ局側から使いやすいと評価されており、視聴率を取ることができるため、仕事は減らないのです。

デビ夫人の存在理由

デビ夫人はテレビ的な人物であり、その肩書きと丁寧な口調が発言に重みを与えています。テレビ局関係者によれば、デビ夫人は問題発言をすることもありますが、使いやすい存在で視聴者に共感を得ているため、テレビから消えることはないと言われています。

参考:デヴィ夫人が“慈善団体の資金持ち逃げ報道”に対し週刊誌を“刑事告訴”…共演NGを突きつけた芸能人の正体に言葉を失う…「タレント」として活躍する彼女が“失言”の数々でも消えない理由に驚きを隠せない…/YouTube「ハイカラビデオ」(https://www.youtube.com/watch?v=NLuwPFwAsd0)

【動画】デヴィ夫人が“慈善団体の資金持ち逃げ報道”に対し週刊誌を“刑事告訴”…共演NGを突きつけた芸能人の正体に言葉を失う…「タレント」として活躍する彼女が“失言”の数々でも消えない理由に驚きを隠せない…

まとめ:デヴィ夫人、週刊誌を刑事告訴
芸能人の正体に驚き、彼女の失言も消えない理由

デビ夫人に関する動画を視聴しました。デビ夫人が週刊文春に対して名誉毀損の罪で刑事国訴を提起したことを報告していました。デビ夫人は週刊文春の報道内容が事実無根であり、自分を貶める意図があったと主張しています。また、デビ夫人は過去にもトラブルになった週刊文春に対して、回答文書を提出したにも関わらず誤報されたと述べています。

この動画を通じて、週刊誌の報道の信憑性について考えさせられました。もしデビ夫人の主張が事実ならば、週刊誌の記事は真実とは言えないものとなり、被害を受ける人も多いことが示されています。また、一般の人々が週刊誌を使用して有名人を追い込む行為も問題視されるべきだと感じました。

さらに、デビ夫人に対する共演NGとされている芸能人たちの意見も取り上げられていました。彼らはデビ夫人の言動や発言に批判的な立場を取っており、デビ夫人との共演を避けています。

この動画によって、メディアの報道姿勢や芸能界の意見版としてのデビ夫人の存在について考えるきっかけになりました。報道の信憑性や人々の言葉の暴力に対する意識が改めて問われるべきだと感じました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次