MENU

【衝撃告白】大谷翔平が暴露する水原一平の違法賭博への本音…!リーグの二刀流選手が明かす専属通訳の裏の顔に驚愕…逮捕まで時間のかかるギャンブル依存症通訳の真実とは…

【驚愕】大谷翔平が水原一平の違法賭博への本音を暴露…!二刀流メジャーリーガーが語った専属通訳の裏の顔に一同驚愕…ギャンブル依存症通訳の逮捕間近の真相とは…

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:【驚愕】大谷翔平が水原一平の違法賭博への本を暴露…!二刀流メジャーリーガーが語った専属通訳の裏の顔に一同驚愕…ギャンブル依存症通訳の逮捕間近の真相とは…/芸能界の暴露団(https://www.youtube.com/watch?v=ubtVQZ7eIjQ)

大谷翔平選の通訳水原一平士が巨額の盗難疑惑で解雇されたニュースについてお伝えします。水原一平士は大谷選の銀行口座からブックメーカー業者に送金していたことが発覚し、賭博の借金を追っていたと報じられています。大谷選は関与しておらず、水原氏が借金を肩代わりしていたと主張していますが、現在は連邦当局の捜査が進行中です。これにより、大谷選にとって頼りになる通訳が不在の状況となりました。今後の展開に注目が集まっています。

この記事の要約
  • ロサンゼルスロジャースの大谷翔平選の通訳、水原一平士が解雇された。
  • 大谷選の銀行講座からブックメーカー業者に450万ドルが送金されていたことが発覚。
  • 水原氏は賭博の借金を追っていたが、後報担当者は最初は大谷選が資金を送金したと説明していた。
  • 大谷選はボイヤー氏に直接電子送金した。
  • ボイヤー氏は賭博組織の運営者であり、連邦捜査官が調査中。
  • 大谷選と水原氏は連邦当局から連絡を受けていない。
  • MLB関係者はリーグ規則により、違法なブックメーカーとの関連は処罰の対象になる可能性がある。
  • 連邦操作が進行中であり、事実関係を把握するために時間がかかる可能性がある。
  • ボイヤー氏の組織は元マイナーリーグ選のニックス氏と関連して捜査されている。
  • 大谷選にとって通訳が不在の状況で開幕第2戦を迎えることになる。
詳しくは動画でご覧ください
目次

大谷翔平選の通訳、水原一平士が解雇された理由

ロサンゼルスロジャースの大谷翔平選の通訳を務める水原一平士が解雇された理由は、大谷選の銀行口座からブックメーカー業者に大金が送金されていたことが発覚したためです。水原氏はブックメーカー業者に賭博の借金を追っていたとの情報が複数の情報筋から伝えられています。

水原一平士の説明と大谷翔平選の反応

水原一平士は自分が以前にドラフトキングスを通じて賭博をしていたため、ブックメーカー業者との取引が合法だと思い込んでいたと語りました。大谷翔平選は水原氏のために借金を肩代わりするために送金したと説明されていましたが、後に大谷選は自分のギャンブル活動や借金返済について何も知らなかったと全て否定しました。

ボイヤー氏との関係と連邦捜査

南カリフォルニアのブックメーカー業者のマシュボイヤー氏と水原一平士の関係は2021年から始まり、ボイヤー氏は水原氏に対して賭けの取引をしていました。ボイヤー氏は大谷選を顧客だと思わせることでビジネスを後押ししようとしていたとの情報もあります。連邦当局はボイヤー氏のブックメーカー業者の捜査を行っており、大谷選の送金にも関与する可能性があります。

MLBの規則と次の展開

MLBの規則によると、違法なブックメーカーとの関与は処罰の対象となります。MLB関係者は連邦当局との連絡がなく、この状況を把握していなかったと述べています。連邦当局は現在、ボイヤー氏のブックメーカー業者の捜査を進行中であり、事件の真相解明には時間がかかる可能性があります。大谷翔平選にとっては通訳の不在のまま開幕第2戦を迎えることとなりました。

参考:【驚愕】大谷翔平が水原一平の違法賭博への本を暴露…!二刀流メジャーリーガーが語った専属通訳の裏の顔に一同驚愕…ギャンブル依存症通訳の逮捕間近の真相とは…/YouTube「芸能界の暴露団」(https://www.youtube.com/watch?v=ubtVQZ7eIjQ)

【動画】【驚愕】大谷翔平が水原一平の違法賭博への本を暴露…!二刀流メジャーリーガーが語った専属通訳の裏の顔に一同驚愕…ギャンブル依存症通訳の逮捕間近の真相とは…

まとめ:大谷翔平の驚くべき告白:通訳の裏の顔と逮捕の真相

この動画は、大谷翔平選の通訳である水原一平士が巨額の盗難疑惑で解雇されたニュースについて伝えています。水原氏が銀行からブックメーカー業者に送金していたことが判明し、彼は賭博の借金を追っていたことが明らかになりました。

水原氏はインタビューで、大谷選が自分の賭博の借金を肩代わりし、送金したと説明していました。しかし、後に大谷選の弁護士がこれを否定し、水原氏の説明を全て覆しました。

報道によれば、連邦当局が水原氏の送金について調査を行っており、ボイヤー氏というブックメーカーに関連した組織も調査されています。大谷選自身も賭博をしておらず、送金は水原氏の損失を補填するためのものだったとされています。

このニュースはまだ調査中であり、連邦当局も関与しているため、詳細は明らかにされていません。大谷選にとって頼りになる通訳がいないまま開幕2戦を迎えることになるなど、今後の展開に注目が集まります。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次