MENU

松本人志の心境吐露が大批判を受ける理由に驚きの声…長い沈黙を経ての声明発表で真実を隠そうとしたことに後輩粗品も驚愕【芸能】

松本人志が裁判開始前にXで心境吐露もスベッていると大批判をうけてるいる理由に絶句…長い沈黙を経て声明発表、性●害の真意よりも指摘されたうやむやにしようとした真実に思わず後輩粗品も絶句レベル…【芸能】

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:松本人志が裁判開始前にXで心境吐露もスベッていると大批判をうけてるいる理由に絶句…長い沈黙を経て声明発表、性●害の真意よりも指摘されたうやむやにしようとした真実に思わず後輩粗品も絶句レベル…【芸能】/芸能レジスタンス(https://www.youtube.com/watch?v=JIJfjyYDV24)

週刊文春の女性を巡る記事で名誉を傷つけられたとして、松本氏が発行元と編集長に慰謝料などを求め、提訴しました。松本氏は芸能活動を休止していましたが、約2ヶ月ぶりに更新したXで思いと世間の反応について語りました。事件の経緯や告発された女性、関係者の名前も報道され、騒動は大きくなっています。しかし、松本氏が明確な主張をしている様子は見受けられず、沈黙が続いている点に対して、世間の厳しい意見もあります。

この記事の要約
  • 週刊文春の記事で松本仁氏が名誉を傷つけられたとして、文芸春USと週刊文春編集長に慰謝料などを求めて提訴した。
  • 松本氏は約2ヶ月ぶりにXを更新し、事件の思いと世間の反応について語った。
  • 事件の内容は、松本が飲み会を開いて女性を集めさせていたことや、成行為を迫っていたことが週刊文春の取材で分かった。
  • 松本氏はこれまで否定していたが、週刊文春は証言や裏付け取材をもとに記事を発表し、文春サドは自信を持って主張した。
  • 松本氏は芸能活動を休止し、女性からの被害の声が相次いでいる。
  • 松本氏は自身のXに現在の心境を投稿し、ファンからは応援の声も寄せられた。
  • しかし、松本氏の主張に対して違和感を感じる声もあり、芸能活動を否定しながらも黙しているという批判も出ている。
  • 松本氏は裁判を通じて潔白を証明すべきだという意見もある。
  • 松本氏の行動に対して世間の見方は厳しく、彼が復帰しても同じように笑えないという声もある。
  • 最近のパワハラ問題のように、社会が変わりつつあり、松本氏の対応は時代遅れだと感じられる。
詳しくは動画でご覧ください
目次

松本仁氏が提訴し、芸能活動休止についての思い

週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、松本仁氏は発行元の文芸春USと週刊文春編集長に約5億5000万円の慰謝料などを求めて提訴しました。松本仁氏は芸能活動を休止してから表に姿を表すことはありませんでしたが、約2ヶ月ぶりにXを更新しました。松本仁氏はこの記事で事件の経緯について語り、世間の反応についても触れています。

事件を振り返ると、松本仁氏は六本木の超高級ホテルのスイートルームで飲み会を開催し、後輩芸人に女性を集めさせてキスをしたり成行為を迫っていたことが週刊文春の取材で明らかになりました。その後、松本仁氏の元タレント女性との関係や、スピードワゴン小沢浩との関わりも報じられました。松本仁氏は記者の取材を受けてこれらの疑惑を否定しましたが、ネット上で大きな騒動となりました。

松本仁氏は芸能活動を休止している間に、被害を受けたという女性が次々と現れました。松本仁氏は訴訟を起こし、名誉既存による損害賠償と謝罪広告の掲載などを求めました。松本仁氏は自身のXに心境を投稿し、人を笑わせることを心掛けてきたと述べています。また、松本仁氏が主張していることについては見当たらず、その主張がかき消されていると感じています。さらに、松本仁氏が裁判をするにも関わらず芸能活動を止めていることを指摘し、自分の言葉で主張すべきだったと述べています。

松本仁氏は沈黙を続けている間に、複数の被害者が現れているため、事実無根という主張は信じがたい状況となっています。今回の騒動で松本仁氏の動きは悪であり、遊び方もメディアへの対応も時代遅れであると感じられました。松本仁氏には真実を証明し、潔白を示すべきであるとの意見もあります。

参考:松本人志が裁判開始前にXで心境吐露もスベッていると大批判をうけてるいる理由に絶句…長い沈黙を経て声明発表、性●害の真意よりも指摘されたうやむやにしようとした真実に思わず後輩粗品も絶句レベル…【芸能】/YouTube「芸能レジスタンス」(https://www.youtube.com/watch?v=JIJfjyYDV24)

【動画】松本人志が裁判開始前にXで心境吐露もスベッていると大批判をうけてるいる理由に絶句…長い沈黙を経て声明発表、性●害の真意よりも指摘されたうやむやにしようとした真実に思わず後輩粗品も絶句レベル…【芸能】

まとめ:「松本人志のスベる心境吐露に大批判の理由に絶句…声明発表の真実に後輩粗品も絶句」

私はこの動画を視聴して、松本仁氏と週刊文春の訴訟に関する情報と、その後の松本氏の発言について理解しました。

動画では、松本氏が名誉を傷つけられたとして慰謝料などを求めて提訴した経緯が説明されています。具体的には、松本氏が飲み会で女性を集め、不適切な行為をしたという週刊文春の記事が取り上げられました。さらに、松本氏が芸能活動休止を発表し、その後も被害を受けたと主張する女性が現れたことが述べられました。

私は松本氏の発言について疑問を感じました。彼の主張や真相について具体的な情報はなく、騒動開始当初に投稿された事実無根だというツイート以外の主張は見当たりませんでした。私は、もし事実無根であると信じているなら、松本氏は自分の言葉で無実を主張すべきだと思います。しかし、彼は沈黙を続けており、その間に被害の声が上がっていると述べられました。

私は松本氏の対応について批判的な意見を持ちました。彼がSNSでの発信や表面的な発言に頼ることは、現代では通用しないと感じます。彼の沈黙や遠回しな発言は、被害者の声をかき消し、逆にダサい印象を与えてしまっています。

私はこの動画を通じて、松本氏が真実を明らかにせず、適切な対応をしていないと思いました。彼の行動は、被害者だと主張しながらも自身の言葉で潔白を証明することなく逃げているように見えます。私は、この騒動が裁判によって解決されることを願いますが、真実が明らかにならないまま終わってしまう可能性もあると感じました。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次