MENU

水原一平が違法賭博の捜査のために拘束されることが確定…さらに大谷翔平も1年間の出場停止処分を受けた理由に驚愕…ドジャースの賭博事件に対するダルビッシュの考えに耳を疑う

水原一平が違法賭博の捜査の為に施設入りが確定...大谷翔平も1年間出場停止となったの真相に驚きを隠せない...『ドジャース』の賭博事件に対するダルビッシュの本音に耳を疑った...

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:水原一平が違法賭博の捜査の為に施設入りが確定…大谷翔平も1年間出場停止となったの真相に驚きを隠せない…『ドジャース』の賭博事件に対するダルビッシュの本に耳を疑った…/モバ芸TOWN(https://www.youtube.com/watch?v=lncRrI0G-XY)

ドジャース大谷翔平選の元通訳水原一兵士が違法賭博による借金返済のために大谷選の口座から無断で送金していたことが発覚し、大谷選のキャリアにも影響が出る可能性があることが報じられました。米国のスポーツ賭博専門の弁護士からのインタビューでは、大谷が何も知らなかったというシナリオはありえないと指摘されています。さらに大谷選は自身の口座の金額や送金の動きに無頓着とされていましたが、それだけの金額が突然消えたことに疑問が投げかけられています。今後の調査の結果次第で、大谷選の出場停止処分やスポンサー企業との契約見直しなど、様々な影響が出る可能性があります。

この記事の要約
  • 元通訳水原一兵士が違法賭博による借金返済のため大谷選の口座から無断で送金していたことが発覚
  • 大谷選のキャリアに影響が出る可能性があり、最悪の場合1年間の出場停止処分を受ける可能性もある
  • スポーツ賭博の専門家であるダニエルウラク氏は大谷が何も知らなかったというシナリオはありえないと指摘
  • 大谷選の口座から約1億5000万円の電子送金が報じられており、大谷選側が気づかなかったことに疑問がある
  • 大谷選が違法賭博に関与していないとしても、水原氏の行動によって罪を起訴される可能性がある
  • MLBは選が違法賭博に関与した場合厳しい処分を下すことで知られており、出場停止処分が起こり得る
  • 水原氏の行方については潜伏先としてギャンブル依存症患者の強制施設を考える意見がある
  • 大谷選は記者会見で水原氏を信頼していたが、水原氏の言動に疑問を抱く意見もある
  • 大谷選の出場停止処分が日本の野球会全体にダメージを与える可能性があり、スポンサー企業も影響を受ける
詳しくは動画でご覧ください
目次

大谷翔平選の元通訳水原一兵士による賭博スキャンダルについて

皆さんこんにちは。今回はドジャースの大谷翔平選の元通訳、水原一兵士を巡る賭博スキャンダルについて詳しくお話しします。

水原氏は大谷選の元通訳で、違法賭博による借金返済のために大谷選の口座から無断で送金していたことが発覚しました。この事件は大谷選のキャリアにも影響を与える可能性があります。最悪の場合、大谷選が1年間の出場停止処分を受ける可能性も指摘されています。

そんな中、ある週刊誌が米国でスポーツ賭博やギャンブルを専門とする弁護士のダニエルウラク氏にインタビューを行いました。ウラク氏はスポーツ賭博の専門家として地元フロリダ州で複数のプロスポーツチームに助言を行ったり、カリフォルニア州ニューヨーク議会で証言するなど第一人者として知られる人物です。

そのウラク氏が大谷が何も知らなかったというシナリオはありえないと疑問を呈したのです。大谷選ほどの選であれば、通常はファイナンシャルアドバイザーや会計士、弁護士などからなる金銭管理チームがあるはずです。数ヶ月から数年の間に何百万ドルもの資金が口座から移動していることが、大谷選や彼の顧問団の目に止まらなかったとは信じられないと指摘しています。

espnによれば、昨年9月と10月にかけて少なくとも2回に渡り大谷選の口座から50万ドルずつ合計100万ドル(約1億5000万円)の電子送金が確認されています。水原氏の借金返済に同意していないという大谷選の発言が事実ならば、少なくとも5ヶ月近い期間で5億円を超える出金に大谷選側が気がつかなかったことになります。

そもそも、米国では金融機関に対しても電子送金が違法な目的で利用されないように管理することが法的に義務づけられています。加えて、1万ドル以上の電子送金があった場合、銀行や金融機関には内国歳入長への報告義務が発生します。これだけ多額の送金ならば、日本語を話せるスタッフが口座の名義人に直接確認してもおかしくありません。

問題はそれだけではありません。水原氏は当初espnの取材に対し、大谷の了解の元送金したと証言していました。後に水原氏はその証言を撤回しましたが、最初の証言が事実であれば、大谷選が窮地に追い込まれる可能性もあります。

MLBは選が違法賭博に関与した場合、厳しい処分を下すことで知られています。過去にはキートノーズ選が永久追放処分を受けたことでも有名です。大谷選の場合、直接的な関与は確認されていませんが、女の罪に問われれば1年間の出場停止処分を受ける可能性も十分にあり得ます。

大谷選は記者会見で、水原氏を信頼していた方と過去形で呼んだことから、まだこの問題に対しての感情を整理しきれていない様子が見受けられます。特に衝撃的だったのは、水原が大谷選の代理人にすぐバレる嘘をつくほど剣道が異常だったことです。大谷選は会見で、「一さんは取材以来のことも僕にはもちろん、その時に伝えていなかった。それで事務所の人たちに対しても、僕はすでに彼と話してコミュニケーションを取っていたと嘘をついていました」と明かしました。

水原氏が大谷選の口座にどうやってアクセスし、6億円以上もの大金を送金できたのか、大谷選本人が肝心のところに踏み込んだ説明をしなかったため、最大の謎は残されたままです。

それでも解雇される直前の水原氏が大谷選の代理人にすぐバレる嘘をつくほど言動が異常だったことだけは会見から伺えました。そこで、電撃解雇後に行方不明となった水原氏の潜伏先として考えられるのが、ギャンブル依存症患者の強制施設です。

水原氏はスポーツ専門チャンネルespnの取材に借金の取り立てに身の危険を感じたと話しています。取り立てやパパラッチから身を隠せる場所として最適なのは、24時間監視がつく依存症患者の強制施設でしょう。ギャンブル中毒においては、まずお金をかけることで脳が興奮する状態を落ち着かせるために、携帯電話を取り上げて個室に収容します。重症の場合は、脳意識や他の病気が隠れていないか検査や診察を受けることになります。

施設対処後は、本人に大金もクレジットカードも持たせず、周囲が金銭管理をした上で、カウンセリングや患者同士による集団認知行動療法を続けていく必要があります。水原氏の生まれ故郷の北海道には、潜伏を防ぐための強制施設が10以上ありますし、米カリフォルニアにも多くの強制施設が存在します。

捜査当局としても、水原氏が思い詰めて逃亡もしくは自首する事態を避けたいでしょう。水原氏が窃盗や賭博の罪を問われることになっても、強制施設で収容されれば、懲役や免許取消は免れることができます。強制施設への潜伏説を押す理由はただ一つ、水原氏には解雇前日までソウルとロス在住の両親のために依存症から構成する義務があるからです。

また、水原氏の行方について新たな証言も出ています。米メディアの関係者によれば、ソウルでの試合後のミーティングが終わるとチャーター機に乗せる予定だった水原の荷物につけられていた「LA行」の文字が防戦が引かれて消されていたと言います。水原は間違いなく乗っていないとのことです。試合後にそのまま帰国の途につくため、選たちの荷物はまとめられチャーター機に運ばれましたが、水原市の荷物はいわゆる「荷出し」から除外されたと言います。

水原氏は自身の荷物を引き取り、韓国に滞在したままなのか、それともひっそりと韓国を離れ、米国や日本のどこかにいるのでしょうか。

一方で、元MLBの救援投ブラッド・リッジンスキー氏は、このストーリーには疑わしい匂いがすると疑念を投げかけています。450万ドル(約6億8000万円)もの金が口座から消えたことに大谷選も周囲の人間も気がつかなかったことに疑問を抱き、話の辻が合わないとの見解を述べました。

リッジンスキー氏は、大谷選が自分の口座を毎日見ないかもしれないが、彼にはその動きを目にできる人がいるだろうと指摘しました。50万ドル(約7500万円)の送金が9回あったということは、9回もという人がいるはずだ。送金が1回ならば、「そうか、我々は何も気がつかなかった」となるかもしれない。しかし、450万ドル(約6億8000万円)もの金を合わせて9回に分けて送金したのだ。それが少し奇妙に思うところだと指摘しています。

大谷選は日本ハム時代に口座の管理を母親に任せていたこともあり、資産などの金銭面の管理には無頓着であることで知られています。だからと言って、450万ドル(約6億8000万円)もの金が亡くなったことに気がつかないのはおかしいとの単純な疑問を投げかけたのです。

リッジンスキー氏は、そういう大谷が珍しいわけではない。お金を騙し取られてしまった人々を多く知っている。なぜなら彼らは口座に触れるべきではない人にアクセスを許していたからだ。それは口座の金額が変わるたびにアクセスできる財務担当者か代理人だ。しかし今回の翔平に関して言えば、それは親友の通訳だったと説明しました。さらにもう一つ奇妙なことは、全てが明らかになった日20日の韓国でのパドレスとの開幕戦に試合中は2人はベンチにいて、「へえ、我々は友人同士だ。夕食に行こう」というような雰囲気だったにもかかわらず、それが突然、試合後に「いや、この男は何も知らない間に僕から40050万ドル(6億8000万円)を盗んでいた」となった。この状況がどうも腑に落ちないと続けました。

リッジンスキー氏が話の辻が合わないと感じるのも無理はないかもしれません。この疑問は大谷選の会見後にジアスレチックや米yooスポーツなども呈していたことです。

ただし、リッジンスキー氏は現役時代に荒っぽい保守だったことを忘れてはなりません。打席に立つバッターに悪口を言って喧嘩をしたり、審判に悪態をつくことで有名で、コックの股間を蹴ったり、練習をサボってポーカーをするなど、トラブルばかりを起こしていました。2011年にスポーツイラストレーテッド氏が215人の現役選を対象に行ったアンケートでは、29票を得て最も卑劣な選の1位に選ばれ、2012年にあるコメンズジャーナルは100人の選を対象に行ったアンケートでも34票を獲得し、最も嫌いな選の一人に選出されています。引退後は、フォックススポーツの解説者を務めていますが、毒舌が売りです。そんな彼が今回のスキャンダルに黙っていられなかったのも分かりません。

大谷選は本拠地でデビューを飾り、シーズンは本格的にスタートしましたが、すでに始まっているMLBの調査や国土安全保障庁の共同捜査、そしてMLBのマンフレッドコミッショナーが捜査に動いていると明かした連邦当局の捜査の結論が出るまで、この問題は大きく引き続くでしょう。最悪の場合、大谷選が1年間の出場停止処分を受ける可能性も排除できません。

日本の野球界のスターが米国で違法賭博に関与した疑惑で出場停止処分を受けるとなれば、本当に衝撃が走ることでしょう。大谷選は日本を代表するスポーツ選として数多くの企業とスポンサー契約を結んでいます。もし出場停止処分を受けるようなことがあれば、スポンサー企業は大谷選との契約を見直さざるを得なくなるでしょう。スポンサー企業の関係者は、「大谷選は当社の商品イメージを大きく向上させてくれる存在だ。しかし、違法行為に関与したとなれば、当社としても契約を継続することは難しくなる」と語っています。

大谷選本人にとっても出場停止処分は大きな痛となることは間違いありません。今後の調査の行方が注目されます。

最後までご視聴いただきありがとうございました。コメントを残してくれると嬉しいです。登録・高評価もお願いいたします。それでは、また。

参考:水原一平が違法賭博の捜査の為に施設入りが確定…大谷翔平も1年間出場停止となったの真相に驚きを隠せない…『ドジャース』の賭博事件に対するダルビッシュの本に耳を疑った…/YouTube「モバ芸TOWN」(https://www.youtube.com/watch?v=lncRrI0G-XY)

【動画】水原一平が違法賭博の捜査の為に施設入りが確定…大谷翔平も1年間出場停止となったの真相に驚きを隠せない…『ドジャース』の賭博事件に対するダルビッシュの本に耳を疑った…

まとめ:水原一平、施設入り確定…大谷翔平も1年間出場停止、ドジャースの賭博事件にダルビッシュの本

この動画は、ドジャースの大谷翔平選の元通訳である水原一兵士が違法賭博のために大谷選の口座から無断で送金していたというスキャンダルについて詳しく説明しています。この事件が大谷選のキャリアにも影響を与える可能性があり、最悪の場合、出場停止処分を受ける可能性も指摘されています。

週刊誌が米国の弁護士にインタビューを行い、大谷選が何も知らなかったというシナリオはありえないと指摘しています。大谷選のような選であれば、通常は金銭管理チームが存在し、大金が口座から移動していることが見過ごされることはないと話しています。

また、水原氏の証言には矛盾があり、大谷選が窮地に追い込まれる可能性もあると述べています。マスコミの関係者によれば、水原氏の荷物にはLA行きの文字があるが、いきなり消されていたことも奇妙だと話しています。

MLBは選が違法賭博に関与した場合に厳しい処分を下すことで知られており、大谷選の場合も出場停止処分を受ける可能性があると述べています。大谷選は会見で水原氏を信頼していたと述べていますが、その信頼が裏切られたと話しており、大谷選がどのように口座にアクセスされ、大金を送金されたのかについての説明はなされていないと指摘しています。

このスキャンダルの影響はまだ解決していないため、大谷選やスポンサー企業、日本野球会全体にとって悪影響を与える可能性があります。今後の調査結果が注目されると締めくくられています。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次