MENU

佐渡ヶ嶽親方が豊昇龍の相撲スタイルに苦言を!トラブルメーカーと噂される豊昇龍に審判部から呼び出しは異例の事態!取り組みで生まれた異様な空気に迫る。

豊昇龍の取り組みに協会ブチギレ!”大関らしい相撲を”佐渡ヶ嶽親方が苦言を…“トラブルメーカー”豊昇龍が審判部から呼び出し?異様な空気になった取り組みとは?

当サイトの記事は広告リンクを含みます

※出典:豊昇龍の取り組みに協会ブチギレ!”大関らしい相撲を”佐渡ヶ嶽親方が苦言を…“トラブルメーカー”豊昇龍が審判部から呼び出し?異様な空気になった取り組みとは?/バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛(https://www.youtube.com/watch?v=6C0w83Pi3wU)

「元横綱朝昇龍さんの追い」からデビューして将来の横綱候補と期待されていた宝龍関について、彼が大相撲大阪場所での優勝争いに絡んだ1番での不利な結果を取り上げます。その結果に対する相撲ファンや専門家の反応や、過去の誤審問題についても触れながら、宝龍関の将来に向けた展望を紹介します。

この記事の要約
  • 元横綱朝昇龍さんの追いとしてデビューから将来の横綱候補と期待されていた宝龍関
  • 3月24日の大相撲大阪場所での優勝争いは武富士関と大里関に絞られるが、注目は宝龍関に集まった
  • 14日目の結びで宝龍関は負け、優勝の可能性を失った
  • 立ち会いで強引に上投げを狙った宝龍関は敗れてしまい、批判の声も上がった
  • 宝龍関の立ち合いの遅さや投げにこだわる相撲ぶりについても議論があった
  • 過去にも宝龍関の立ち合いに問題があり、誤審問題も物議を醸した
  • 宝龍関との取り組みで白星を挙げた大野里関は優勝を逃し、来場所が最後のチャンスとなった
詳しくは動画でご覧ください

<h2>宝龍関の法流についての深掘り</h2>
宝龍関は将来の横綱候補と期待されていた力士であり、2023年3月24日の大相撲大阪場所では優勝争いが繰り広げられました。しかし、14日目の結びの宝龍関と若石関の大関対決では、宝龍関が不利な立ち会いを選択し、結果的に敗北してしまいました。この立ち会いには相撲ファンからも批判の声が上がりましたが、一方で宝龍関を擁護する声もありました。宝龍関は、10日目の結びの対戦でも立ち会いで右に動くなど、特徴的な動きを見せています。しかし、その立ち会いの方法には賛否が分かれており、批判されることもあります。

<h2>過去の誤審問題について</h2>
また、宝龍関には過去にも誤審問題があったことが報道されています。例えば、2023年7月の大相撲場所の一戦では、宝龍関と飛猿石との戦いでの判定について物議を醸しました。この試合では、宝龍関が勝利したものの、リプレイ映像を見ると、宝龍関が地面にをついているように見える瞬間があったため、誤審ではないかとの指摘がありました。このような誤審問題は、相撲ファンや関係者の間で議論され、対応策が求められています。

<h2>大野里関との取り組み</h2>
また、宝龍関は最近の春場所で大野里関に敗れ、優勝の可能性を逃しました。大野里関はこの場所が引退試合となる可能性があったため、最後のチャンスを逃したことに悔しさを覚えているようでした。大野里関は今回の場所で11勝に終わり、次の場所からはちょんまげが可能となるため、引退に向けて最後の頑張りが期待されていましたが、ザバ優勝を逃してしまったことに悔しさを感じていたようです。

以上が、宝龍関についての法流についての報道です。彼の立ち会いや誤審問題については、様々な意見がありますが、相撲ファンや関係者の間で議論されていることも事実です。今後の宝龍関の活躍にも注目が集まっています。

参考:豊昇龍の取り組みに協会ブチギレ!”大関らしい相撲を”佐渡ヶ嶽親方が苦言を…“トラブルメーカー”豊昇龍が審判部から呼び出し?異様な空気になった取り組みとは?/YouTube「バチバチ芸能 芸能人の確執や恋愛」(https://www.youtube.com/watch?v=6C0w83Pi3wU)

目次

【動画】豊昇龍の取り組みに協会ブチギレ!”大関らしい相撲を”佐渡ヶ嶽親方が苦言を…“トラブルメーカー”豊昇龍が審判部から呼び出し?異様な空気になった取り組みとは?

まとめ:豊昇龍の行動でブチギレした佐渡ヶ嶽親方

宝龍関に関する動画を視聴しました。宝龍関は将来の横綱候補と期待されていた力士であり、大相撲大阪場所での優勝争いが注目されました。しかし、14日目の結びでの宝龍関と若石の大関対決では、宝龍関が立ち合いで右に動いてしまい、あっさりと負けてしまいました。その立ち会いについて、批判の声や擁護する声がSNS上で上がっていたようです。

また、過去の誤審問題についても取り上げられており、宝龍関の取り組み後の報道ではつき疑惑については言及されず、勝てたことが良かったというコメントが報じられていました。

さらに、大野里関も話題になっており、今場所は11勝に終わり、逆転優勝は果たせませんでした。大野里関自身も悔しい気持ちを抱えていたようです。

私自身はあまり相撲に詳しくないので、宝龍関や大野里関の実力や立ち合いについてはよく分かりませんが、宝龍関の立ち合いでの動きや批判の声、擁護の声などを知ることができ、興味深かったです。表示


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次