MENU

オールシーズンタイヤはやめたほうがいい理由/後悔必至のデメリットとは

オールシーズンタイヤはやめた方が良い

当サイトの記事は広告リンクを含みます

一年を通して使える「オールシーズンタイヤ」は、ケチで面倒くさがりなドライバーの強い味方だ。

それもそのはず。一度履けば路面のドライ・ウェット問わず快適に走行できる。何より、タイヤ交換の手間から解放されるのは非常に魅力的だ。

しかし、オールシーズンタイヤにはやめたほうがいい人も存在する。うかつに手を出してしまうと間違いなく後悔するのが、このタイヤの厄介なところなのだ。

当記事では、オールシーズンタイヤを使うべきでない人、そしてメリットとデメリットを詳しく解説している。

今まさにオールシーズンタイヤを検討しているドライバーは、参考に役立ててほしい。

目次

【結論】オールシーズンタイヤをやめたほうがいい人

結論、オールシーズンタイヤをやめたほうがいい人(冬場にスタッドレスタイヤを使うべき人)のは次のような人だ。

  • 冬場の積雪が多い地域に住む人
    ⇒ 北海道や東北地方など、冬場の積雪量が多い県に住む人
  • 厳しい冬の路面状況での運転が必要な人
    ⇒ タクシーやトラック運転手など、仕事上冬場の厳しい路面状況でも運転が必要な人

逆に、オールシーズンタイヤは道に雪が積もるのは年に数回程度のほどほどの県に住む人向きといえる。また、雪が降った際も運転が必要となる人や、アウトドアなどで雪道を走る機会が多い人も検討してもいいだろう。

当てはまらない人は従来通り、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの併用をおすすめする。

オールシーズンタイヤとは、一年を通して使用できるタイヤだ。そもそもタイヤ自体の価格が安いことや、履き替えの必要がないため、諸費用だけでなく手間のなさにもメリットがある。

しかし、地域や車を使う状況によっては、オールシーズンタイヤは選ぶべきではない。

冬場の積雪が多い地域では、性能が不十分な場合がある。そのため、冬場の運転が安全かつ快適であることを重視する人は、スタッドレスタイヤを選択するべきである。

オールシーズンタイヤがおすすめなのはこんな人

オールシーズンタイヤは車を運転する状況や地域に住む人にとって、スタッドレスタイヤよりもメリットがある。

オールシーズンタイヤがおすすめの人には、具体的には次のような人が挙げられる。

  • 冬場の積雪が少ない地域に住む人
  • 主に都市部での運転をする人
  • 年間の費用を安く抑えたい人

冬場の積雪が少ない地域に住む人

冬場の積雪が少ない関東や近畿地方など、積雪がそれほど多くない地域ではオールシーズンタイヤが選択肢に入る。

オールシーズンタイヤは、高速道路などの冬用タイヤ規制が定められても走行することができるため、年に規制が入るか入らないくらいの県ではわざわざ履き替える手間がないメリットがある。

主に都市部での運転をする人

都市部では、道路の除雪や整備が行き届いていることが多く、スタッドレスタイヤが必要な機会は少ない。

オールシーズンタイヤは、都市部の舗装路での運転に適した性能を発揮するため、都市部での運転が主な人におすすめである。

年間の費用を安く抑えたい人

オールシーズンタイヤは、一年中使用できるためタイヤ交換の手間やコストを抑えることができる。

また、スタッドレスタイヤと夏タイヤの両方を購入・保管する必要がないため、費用対効果を重視する人に適している。

やめたほうがいいオールシーズンタイヤのデメリット

オールシーズンタイヤが「やめたほうがいい」といわれる理由は、夏タイヤ・冬タイヤ両方のデメリットを含むからだ。

具体的に、オールシーズンタイヤには次の三つのデメリットがある。

  • ロードノイズがうるさい
  • 寿命が短い
  • 燃費が悪い

上記オールシーズンタイヤのデメリットは全て、夏タイヤほど舗装路に適しておらず、スタッドレスタイヤほど雪道に適していないことが理由として挙がる。

それぞれを詳しく解説していこう。

ロードノイズがうるさい

オールシーズンタイヤのデメリットとして、ロードノイズがうるさいことが挙げられる。

ロードノイズとは
路面の凹凸を乗り越えた際に発生する騒音。 荒れた道を走行したときに聞こえる「ゴー」という音などが挙げられる

オールシーズンタイヤは冬タイヤ同様、タイヤの溝が深くブロックパターンが大きいのが特徴だ。その結果、舗装路での走行時にロードノイズが大きくなる。

オールシーズンタイヤを通年で使う場合、スタッドレスタイヤで舗装路を走ったときに鳴る「ゴー」という大きな騒音が常に鳴ることになり、慣れないうちはストレスに感じることだろう。

また、ロードノイズは高速道路での走行時や、音が響きやすいトンネル内では大きくなる。

冬タイヤとしての寿命は短い

オールシーズンタイヤは、長期的に考えると寿命が短いというデメリットがある。

そもそもオールシーズンタイヤは「一年を通して使える」という性質上、使用頻度の観点においてスタッドレスタイヤよりも消耗が早いのは想像に難くないだろう。

また、同条件(冬場の使用)のもと両者を比較しても、オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤよりも寿命が短いと考えておこう。

  • オールシーズンタイヤ:3年
  • スタッドレスタイヤ:5年

同じ条件下でもスタッドレスタイヤの寿命に差がでる理由は、冬タイヤとしての性能差が挙げられる。

豪雪地帯や急な坂道が多い地域など、厳しい冬の状況下でオールシーズンタイヤを使うと寿命は短くなる傾向があるのだ。

氷や雪に対するグリップ力はスタッドレスタイヤほどではなく、スリップやスキッドのリスクが高まる。それに伴ってタイヤの摩耗も早まるということだ。

厳しい冬の環境下での運転が予想される場合、スタッドレスタイヤを利用することをおすすめする。

一年を通しての燃費は悪い

オールシーズンタイヤは、夏タイヤに比べて転がり抵抗が高いため、燃費が悪いというデメリットがある。

転がり抵抗とは
タイヤが路面を転がるときに生じる抵抗。タイヤの変形・接地摩擦・回転時の空気抵抗によるエネルギーロスのこと

転がり抵抗のなかでもとくに燃費に影響する部分は、ゴムの柔らかさによる「タイヤ変形」だ。

冬タイヤとしての役割を兼ねるオールシーズンタイヤは、グリップ力を上げるため雪道の路面に密着しやすいようゴムが柔らかく(変形しやすく)なっている。

タイヤが柔らかいということはつまり、舗装路での使用を想定した夏タイヤよりも燃費が悪いということになる。

とはいえ、オールシーズンタイヤのメリットは価格の安さと手間の無さだ。タイヤ燃費を含めたコスパの良し悪しは、その地域次第なところが大きいだろう。

オールシーズンタイヤで「やめたほうがいい」という人の口コミ

オールシーズンタイヤを「やめたほうがいい」という人は多い。

やめたほうがいいという評価には、実際に買って後悔している人の声や、特定の地域に住む人々の注意喚起など様々なものがある。

本章では、人々のオールシーズンタイヤの評判を紹介している。

「結局、買って後悔した」

「オールシーズンタイヤに履き替えて後悔した」という口コミは多くみられる。

買ったはいいが「雪が降らなければ燃費が悪い。かといって、ガッツリ降られるとオールシーズンタイヤじゃ心許ない」と後悔する声は多い。

オールシーズンタイヤが真価を発揮するのは地域にもよるが、買うべきかどうかのラインを見極めるのは非常に難しい。

「路面凍結(アイスバーン)ではダメ」

オールシーズンタイヤは、路面凍結(アイスバーン)ではダメ。と、オールシーズンタイヤ経験者は口を揃えて言う。

上記は「冬の積雪に対応しようとオールシーズンタイヤに履き替えたものの、凍結路までは対応できないことを知り、結局スタッドレスにするハメになった」という意見だ。

北海道や東北地方では路面凍結は日常的に起こる。出張や旅行などであまり雪が降らない都心部から移動すると、アイスバーンの過酷さを痛感するだろう。

「実際に事故が起きている」

オールシーズンタイヤは冬タイヤの役割も兼ねる。とはいえ、スタッドレスタイヤほどの性能はないため、事故が起こることを不安に思う人も少なくないはずだ。

事実、オールシーズンタイヤを過信しすぎたことによる事故は起きている。オールシーズンタイヤは冬タイヤとしての性能は、スタッドレスタイヤを下回るからだ。

「雪国の厚い積雪やアイスバーンには対応できない」というのが、本場の北海道や東北地方に住む人々の意見である。

事実、オールシーズンタイヤでは、雪道でのスタックや凍結路でのスリップといった事故は多発しているそうだ。

やめたほうがいいとされるオールシーズンタイヤとは?

オールシーズンタイヤとは、一年を通じて使用できるタイヤである。

舗装路での走行を想定した夏タイヤのようなグリップ力と、冬タイヤのような寒冷期における性能を兼ね備えた設計が特徴だ。

しかし、夏冬兼ね備えているとはいえ、良くも悪くも「どっちつかずな性能」であることこそ、オールシーズンタイヤの評価が分かれる理由だ。

多方面から「やめたほうがいい」と指摘されるオールシーズンタイヤ。だが、ちゃんとメリットもあり一定の需要があるのも確かだ。

また、オールシーズンタイヤとは一口に言っても、メーカーごとに様々なものがある。

本章では、オールシーズンタイヤのメリット、そして各メーカーのおすすめのオールシーズンタイヤを紹介している。

オールシーズンタイヤのメリット

当記事では主にオールシーズンタイヤのデメリットを紹介してきたが、そのメリットにも触れていこう。

幅広い天候状況での走行性能

オールシーズンタイヤは、普段のアスファルトから雨で濡れた道路、薄い雪道など、様々な路面条件に対応できる性能を持つ。

あらゆる気象条件下でも安定した運転が可能なのが、オールシーズンタイヤ最大のウリといえるだろう。

具体的には、急な雨や突然の積雪時でも運転しなくてはならない状況で役に立つ。運転が避けられない状況としては、仕事帰りや子供の送迎などが挙げられるだろう。

夏タイヤと冬タイヤ(スタッドレス)、そしてオールシーズンタイヤそれぞれが適切な天候状況は次の通りだ。なお、各天候は舗装路を走ることを想定している。

通常雪(薄)雪(厚)凍結
オールシーズンタイヤやや適切適切やや適切不適切不適切
夏タイヤ適切やや適切不適切不適切不適切
冬タイヤ不適切やや不適切適切適切適切

オールシーズンタイヤは夏と冬タイヤの中間に値する性能であることが分かる。

しかし、決して全ての天候状況に最適なわけではなく、オールマイティなタイヤではない点に注意しなくてはならない。

タイヤ交換の手間とコストが省ける

オールシーズンタイヤは、夏タイヤと冬タイヤを一つにまとめたような性能を持つため、季節ごとのタイヤ交換が不要である。これにより、タイヤ交換の手間を省くことができる。

また、購入費はカー用品店で履き替えを依頼する場合は、単純にその分の工賃も浮くため費用面でも優れる。

次の表は、各カー用品店のタイヤ履き替え工賃をまとめたものだ。

カー用品店履き替え作業工賃
オートバックス2,200円〜
イエローハット3,300円〜
ジェームス4,400円~
タイヤ館3,750円〜
エネオス4,400円〜

冬タイヤの追加ホイールの購入コストが省ける

スタッドレスタイヤを選択する際には、純正ホイールとは別に冬用のホイールを購入する必要がある。これは、タイヤの性能を最大限に引き出すために、専用のホイールが必要となるからだ。

しかし、オールシーズンタイヤを利用する場合、このような追加のホイール購入が不要となる。

ホイールの価格は、サイズやブランドによって異なるが、一般的には約2.5〜4万円程度の費用がかかることが多い。その分のコストを抑えることができるのは、オールシーズンタイヤを選択する大きなメリットの一つだろう。

冬タイヤ規制下でも走行可能

冬季の高速道路では、安全のため「冬タイヤ規制」という適切なタイヤ装着が義務付けられている。
※大雪警報で行われる「チェーン規制」とは異なる

オールシーズンタイヤは、この冬タイヤ規制でも走行することができるメリットがある。

冬タイヤ規制が課されている高速道路を夏タイヤで走行すると、スリップ事故の危険性があるだけでなく、罰金を科される。

普通乗用車等で6,000円の罰金。違反点数はなし

オールシーズンタイヤには、冬タイヤと同様に、スノーフレークマークが付いていることが多い。

冬タイヤ規制でも走行可能なスノーフレークマーク付きのオールシーズンタイヤ

スノーフレークマークが付いているオールシーズンタイヤであれば、冬タイヤ規制下でも走行可能となる。

ただし、安全性の観点では要注意。オールシーズンタイヤは薄雪が積もった道にしか適さず、大雪や路面凍結は得意としないため、スリップの危険があることを忘れていけない。

おすすめのオールシーズンタイヤ

メリット・デメリット含め、オールシーズンタイヤを買うべきと判断したドライバーに向けて、いくつかおすすめオールシーズンタイヤを紹介する。

  • グッドイヤー:ベクター4シーズン
  • ダンロップ:MAXX AS1
  • ミシュラン:CROSS CLIMATE

上記のオールシーズンタイヤは、通常のアスファルトから雨の日、薄雪が積もった道路において高いグリップ力と排水性能を発揮する。

それぞれ詳しく解説しよう。

グッドイヤー ベクター4シーズン

  • 晴れの日の走行がしやすい
    ドライ路面では、夏タイヤに似た硬めの乗り心地
  • 雨の日の走行がしやすい
    ウェット路面では、水はけが良くグリップ力が強い
  • 冬タイヤ規制でも走行可能
    スノーフレークマーク付き

「ベクター4シーズン」は、プロフェッショナルにも評価されるオールシーズンタイヤである。

通常のドライ路面では剛性感(硬さやしっかり感)が高く、雨で濡れた路面でも排水性能に優れており、強いグリップ力を発揮する。

冬タイヤというよりは、やや硬めな乗り心地から雨に強い夏タイヤというイメージだ。

ダンロップ MAXX AS1

  • 雪の日の走行がしやすい
    雪上でのブレーキ性能が同社夏タイヤより49%高い
  • 雨の日の走行がしやすい
    ウェットブレーキ性能が同社夏タイヤより10%高い
  • 冬タイヤ規制でも走行可能
    スノーフレークマーク付き

「MAXX AS1」は、純正タイヤから性能を落としたくないドライバーに人気のオールシーズンタイヤである。

雪上でのブレーキ性能が夏タイヤより49%高く、ウェットブレーキ性能も10%高い。

運転が荒い人や通勤での利用におすすめだが、タイヤのヒゲが多いため慣らし走行が必要である。

ミシュラン クロスクライメート

  • ブレーキ性能が高い
    高いブレーキ性能を誇るVシェイプパターン
  • 静音性が高い
    ロードノイズが発生しづらい
  • 燃費が良い
  • 冬タイヤ規制でも走行可能
    スノーフレークマーク付き

「クロスクライメート」は、欧州車ユーザーに人気のミシュランのオールシーズンタイヤだ。

クロスクライメートは、独特なVシェイプパターンにより優れたブレーキ性能が発揮される。

また、夏タイヤと変わらないロードノイズ耐性が特徴であり、静かに走ることができる。燃費性能も良く、耐久性にも優れており長持ちする。

オールシーズンタイヤは通販での購入がおすすめ

オールシーズンタイヤを購入する際には、店舗よりもネット通販がおすすめだ。

というのも、オールシーズンタイヤの取扱店舗は限られており、在庫も豊富ではない場合が多いからだ。

対して、インターネット上ではより多くの種類から選ぶことができ、比較検討が容易であることが理由として挙げられる。

中でも、オールシーズンタイヤを含む、多種多様なタイヤを取り扱いがある「タイヤフッド」は、タイヤ選びから購入、取り付け予約まで簡単に行うことができるためおすすめだ。

タイヤフッドでは紹介したおすすめのオールシーズンタイヤだけではなく、高性能なノーマルタイヤやスタッドレスタイヤが取り揃えられている。

数あるタイヤから最適なものを比較して選びたいドライバーにはうってつけの通販サイトだ。

まとめ:オールシーズンタイヤはやめたほうがいい

オールシーズンタイヤに「やめたほうがいい」という評価が集まるのは、冬タイヤとしての性能が期待できないからだ。

オールシーズンとはいっても大雪や路面凍結には向いておらず、北海道や東北地方などの雪国ではスタックやスリップ事故の危険性がある。

つまり、頻繁に大雪が発生する地域に住む人はオールシーズンタイヤはやめたほうがいい、ということになる。

とはいえ、オールシーズンタイヤはデメリットだけではない。

一年を通して利用できるため、タイヤ交換の手間と費用がかからない。さらに、薄い積雪や雨天時ならば高い性能を発揮できる。

そのため、運転が必要不可欠な仕事帰りや子供の送迎などのシーンで、急に雪や雨に降られてしまったなどには役立つはずだ。

また、スノーフレークマーク付きなら冬タイヤ規制下の高速道路でも走行可能なのもメリットだろう。

以上を踏まえ、オールシーズンタイヤは雪が降るのは年に数回程度の地域に住む人なら検討してみる価値はあるだろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次